タグ : 写真

ひさびさリバーサル

ひさびさにフィルムを現像。10月に入れたフィルムがようやく撮り終わった…。デジタルに慣れてしまうとISO100固定は撮れる場面が限られるのでちょっと不便に感じてしまうけど、現像後のフィルムを見るとやっぱリバーサルは盛り上がる。さすが低感度だけあって、3000×2000pixelくらいでスキャンしてもかなり滑らかな画像が得られます。

以下いくつか作例。カメラはPENTAX MZ-3、フィルムはFUJICHROME PROVIA 100F。色の出方が派手すぎず、Velviaよりこっちの方が好みかも。

おにゅーのカメラ

ずっと買いたい買いたいと思っていたPENTAX K-5をボーナスで買った。正確にはボーナスを当て込んで先月末には買ってしまってましたが…。去年の今頃と比べると数万円値下がりしてて、なかなかのお買い得感。

前使ってたK-mと比べるとでかいし重いなと最初は思っていたものの、もう慣れました。エントリー機のK-mと比べるとすべてにおいてグレードアップしてて、使っててほんとうに楽しいんだけども、やっぱ高感度の性能大幅アップ&暗所のAF改善はかなり大きい。何度か友達の結婚式や二次会で写真を撮ってきましたが、このK-5があればもっとちゃんと撮れたのに!と思うことしきり。誰か結婚しないかなあ。

ISO10000ともなるとかなりノイジーだけど、夜道の猫も撮れる!

 

従兄弟の結婚式にて。これでISO5000。等倍はさすがにざらざらだけど、縮小すれば全然いけるレベル。

 

あと低感度の作例いくつか。

 
 

桜@砧公園

今年の砧公園の桜。某都知事の花見自粛令もなんのその、例年通り家族連れ花見客でにぎわってました。

MZ-3試写

先週買ったMZ-3でフィルム一本撮り終わったので現像した。ちゃんと動いてるようで一安心。フォーカスエイド付きなので、MFレンズでもピントずれもなくばっちり撮れておりました。古くなるとミラーが下りなくなるという不具合が多発する機種らしいですが今のところは大丈夫そう。これで5000円は超お買い得だと思う。

今回は、デジタル一眼レフ専用ということになってるけど実は18mm以降は35mmフルサイズでも使えるというDA 12-24mmも試してみました。結果を見ると、ちゃんと撮れてました。MZ-3ならAFも使えるので、普通に超広角レンズとして使えそう(MZ-3は絞りがボディ側から直接制御できないので、シャッター速度を変えて間接的に絞りを制御する必要はありますが)。いつの日かPENTAXもフルサイズデジタル一眼レフを出さないとも限らないし…。

写真いくつか。クリックで拡大します。フィルムはKodak SUPER GOLD 400。このフィルムは安さにつられて36枚撮りを5本パックで買ってしまったけど、もう飽きてきた…。次はもっと感度低いやつにしよう。

等々力渓谷

休日で天気もよかったので、紅葉してるかなーと思って等々力渓谷に行ってみた。例年の見頃は11月末〜12月上旬ということで、今日はまだちょっと早かった。一部の木は真っ赤でしたが、まだ緑の木が多かった。紅葉と言えば、高尾山とか行ってみたいけどくそみたいに混んでるらしいからなかなか行く気が起きない…。

写真いくつか。クリックで拡大します。

メカブリッツ

メカブリッツ48AF-1+PENTAX K-m

今月、来月と友達の二次会が続いているのもあって、前からほしいなーと思っていた外付けストロボを買った。メッツのメカブリッツ48AF-1。Made in Germany。純正のAF360FGZは左右の首振りができないし、AF540FGZはでかすぎるし、ということでサードパーティ品を検討。といっても、PENTAX向けのストロボは純正以外だとメッツかシグマくらいしか選択肢がなくて、消去法でこれに決定。

ちょっと使ってみて、バウンス撮影が思った以上に自然に撮れることに感動。あと、外付けだと内蔵ストロボだと影ができてしまう大きなレンズを使ってるときでもストロボ使えて便利です。少し心配していた調光精度もなかなかよく、だいたいオートでいい感じの明るさに撮れます。レンズによっては全体に暗めになることもあるけど、そんなレンズを使うときはストロボ側の露出を上げておけば問題無し。かなり満足いく買い物でした。

しかしやっぱストロボ付けるとカメラ重い。

フジロック’10

shoes_fujirock10

報告遅れましたが、今年はフジロックに言って参りました。最初は疲れるから土日だけ行こうかと思ってたのですが、結局3日通しで参加。

2001年から毎年行き続けて、去年は新婚旅行と重なってたので初めて行かないで過ごして、で今年2年ぶりに参加したのですが、やっぱり久々に行くとすごく楽しい。雨やテント暮らしなどアウトドアは相変わらず疲れるけど、都会から隔離された環境で味わう非日常感、安定した音響設備で見るライブはやはり格別だなと思った。今年はメンツがよくて期待してたやつ(Massive Attack, Vampire Weekend, Broken Social Sceneなど)はよかったし、フジに行くまで全然知らなかったやつで当日見て盛り上がったの(Matt & Kim, Dirty Projectors, Vato Negroなど)もいろいろあってよかった。去年はサマソニも行ったけど、改めてフジの完成度の高さを実感。雨さえ降らなかったらもっとよかったのに。

詳しいレポートは以下に書きました。

しゃしん

先週いろいろ出かけたので今週末はとくに出かけず。自分で作った麻婆茄子のうまさに自分で感動したりしてました。やっぱり、さっさとできてご飯がすすむ料理が好き。

連休中に「たまには使ってやろう」と持ち出したフィルムカメラで撮った写真を現像したので、いくつかアップしてみます。

全てPENTAX MZ-M + PENTAX-M 28mm F2.8で撮ったやつです。この組み合わせはコンパクトカメラ並とは行かずとも、軽くてそこそこ小さくて28mmの広角が得られるのでなんとなくお得感があります。フィルムはKODAK SUPER GOLD 400。安いフィルムなので粒状感がすごくて(縮小するとあんまりわかりませんが)、いかにもフィルムっぽい感じになります。

日比谷公園 1 日比谷公園 1 静嘉堂文庫 駒沢オリンピック公園 多摩川沿い

GW

7連休でしたがあっという間に最終日…。

就職して以来毎年ゴールデンウィークは実家に帰ってましたが、今年はのんびり東京に残って過ごしてました。基本的に二度寝ばっかりのだらだらした休みでしたが、したことをざっと書くと…

野音

4/29は日比谷野音でスペシャのイベントを見に。

栃木

5/2は2時間以上かけて栃木のココ・ファームというワイナリーへ。さすが連休だけあって思ったより混んでた。カフェ併設だったのでそこで昼ご飯食べたんだけど、客の多さが店員のキャパを超えてたらしく、オーダー抜けなどでお怒りの客もちらほら。飲食店でバイト経験がある身としてはなんか胸が痛む光景でした。ご飯はけっこうおいしかった。ワイン飲んだら帰りの電車はぐっすり。

入り口 (FA 35mm F2) ぶどう畑 (FA 35mm F2) 醸造所 (DA 12-24mm F4) 前菜 (FA 35mm F2)

ELECTRO DYNAMIC

5/3はclub asiaのExT Recordingsのイベント「ELECTRO DYNAMIC 2010」へ。

A Clockwork Orange

普段映画をあまり見ないので、せっかくの休みなので名作を見ようと「時計じかけのオレンジ」を見てみた。同じキューブリック監督の「2001年宇宙の旅」みたいにわけわかんない映画なのかなーと思ったら普通にエンターテインメントとして面白い映画で、夢中で見た。ただ面白く刺激的なだけじゃなくて、あとから考えさせられるポイントも多数あり、さすが名作と言われてるだけあるなあと感動。もっと映画の名作見よう。

ヒップホップ子供新聞

GW最終日はDOMMUNEでイルリメが子供にラップをレクチャーするという企画を見てました。生放送ならではのハプニング感、子供の自由さ加減にひやひやしつつも笑った。いろいろトラブルもありつつも、最後はイルリメのライブで楽しそうに踊りまくる子供達の絵で大団円。いやほんとすばらしい回だったので、見逃した人も再放送あったら絶対見てほしい!それにしても、親がああいう場に興味ある人だから当然だとは思うけど、子供達みんなオサレだったなあ。

花見

昨日は砧公園で花見しました。

少し雲が出る時間帯もあったけどおおむね晴れてたし、暖かかったし、肝心の桜も満開でよかった!さすがに激混みでトイレはどこも大行列でした。帰り際に氣志團の綾小路翔に人がたかるのを目撃。衣装着てたけど何してたんだろう?撮影か何か?

写真いくつか。

花見1 (FA 35mm F2) 花見2 (DA 12-24mm F4) 花見3 (DA 12-24mm F4)

開花日

桜

気象庁の開花宣言もあった本日、近所の桜も咲いてきました。

1週間〜10日後に満開ということで来週末予定の花見が俄然楽しみになって参りました。

柴又

連休最終日の今日は、東京でまだ行ったことないところを観光してみようと柴又に行ってきた。初京成乗車。思ったより混んでた。天気が悪かった&寒かったのでいまいち上がりきらず。天気のよかった昨日行っときゃよかったなあ。帰りに乗換駅の押上で建設中のスカイツリーもちら見してきました。

あとレンズの選択誤った。昨年末にこそっと買ったレンズ(FA35mm F2.0)だけで行ったんだけど、狭い道が多い柴又では全然画角が狭い。DA12-24mm持っていくべきだった。帝釈天に向かう参道で僕とまったく同じカメラを持ったおじいちゃんとすれ違ってちょっと上がった。

空がどんよりしてていまいちな写真多いけど今日の写真たち

大盛況の帝釈天 ここで昼飯食べた 矢切の渡し(100円) 外人が「Dangerous!!」とか言って爆笑してた おしゃれなトイレ
東京スカイツリー

フィルム + M 135mm F3.5

今年の春頃、安い中古のPENTAX-M 135mm F3.5というレンズを買いました。望遠全く持ってなかったので。安い割には、フード内蔵、軽くてコンパクト、意外によく写る、と悪くないレンズなんですが、デジタル一眼には単焦点135mmという焦点距離がどうにも使いづらく、使用頻度は低めでした。

ただ、135mmはフィルム時代はメジャーな焦点距離のレンズだったみたいなので、フィルムカメラと組み合わせたらどうだろう、と思って試してみました.

フィルムはKodak SUPERGOLD 400。

もみじ (M 135mm F3.5) セイタカアワダチソウ (M 135mm F3.5)
クレーン (M 135mm F3.5)

リバーサルを試す

フィルムカメラ初心者ですが、今度はリバーサルフィルム(FUJICHROME Velvia 100)を試してみました。プリントされたフィルムを見ると、鮮やかな色合いに「おお!」と思いましたが、スキャンするとなんか普通の写真に…。ISO100なだけあって、粒状感のなさはすごいなと思いますが。やっぱこれはルーペで楽しむものなのか…。

以下、いくつか写真。すべてPENTAX MZ-M + PENTAX-M 50mm F1.4で撮ってます。

ベンチ (M 50mm F1.4) 銀杏 (M 50mm F1.4) 夕焼け (M 50mm F1.4) 皇居のお堀 (M 50mm F1.4)

フィルムデビュー

PENTAX MZ-M

先日衝動的にフィルム一眼レフPENTAX MZ-Mを購入してしまいました。中古で5800円なり。1997年発売なのにAF機構がないという思い切った機種で、プラスチックボディーで少し安っぽいけど、とにかく軽い。AFがない以外は普通の最近のカメラといった感じで、フィルムの巻き上げとかも当然自動でやってくれます。古いレンズを使ってもちゃんと絞り環に合わせて露出を変えてくれるところはK-mよりも優秀。ファインダーもK-mより広いし、古いレンズが本来の画角で使えるのがうれしい。

試し撮りのフィルムの現像が今日出来上がったのでもらってきました。プリントはせず、現像+フジカラーCD(ネガスキャンの結果をCD-Rに焼いてくれる)で頼みました。というか最近のネガプリントは一度フィルムをスキャンしてデジタル画像に変換してから印刷することが多いらしい。結果を見ると、画素数が少ないので、単純にクッキリ感だけで言ったらコンパクトデジカメにも負ける感じだけど、いかにも「写真!」って感じの質感が個人的には新鮮です。

写真はこんな感じ。フィルムはフジカラー SUPERIA PREMIUM 400。フジカラーCDは画像にかなりきつめに補正をかけているみたい(とくにコントラストがきつい)ので、ちょっとiPhotoでコントラストを下げたりしています。

多摩川 (M 28mm F2.8) 砧公園 1 (M 50mm F1.4) 砧公園 2 (M 50mm F1.4) 砧公園 3 (M 50mm F1.4) 砧公園 4 (M 50mm F1.4) 岡本民家園 (M 28mm F2.8)

フィルム代とか現像代とか手間とかを考えたら絶対デジタルの方が楽だけど、こっちも面白そうなので細々使っていきたい。次はリバーサルフィルムに挑戦してみます。

銀ブラ渓谷

最近公園でカメラ持って散歩とか、老人みたいな週末の過ごし方ばっかりしてる気がする…。といったわけで週末の日記。

10/17(土)

銀座へ映画を見に。小林聡美主演の「プール」というやつ。完全に奥さんの趣味です。「かもめ食堂」、「めがね」と同じスタッフが作った映画らしい。この作品の舞台はタイ。前2作を全く見たことのない僕が「なんとなくこんな感じなんだろうなー」と想像した通りの映画だったので前2作が好きな人なきっと好きでしょう。たぶんこの雰囲気であと何作でも作れるんじゃないでしょうか(寅さんとか釣りバカみたいな感じで)?いろんなところが曖昧で、話の筋はあってないような感じの映画でしたが、いかにもフィルムっぽい質感の映像はキレイでした。この映画に出てるモデルの伽奈のインタビューがネットで読めるのですが(ここ)、その中に載ってる広島カープの応援スタイルがかわいい。

10/18(日)

いつぞやのタモリ倶楽部でもとりあげられた等々力渓谷に行ってみる。車通りの多い環八通り沿いの入り口から中に入ると背の高い木が生い茂る散策コースが広がっていました。中を通ると等々力不動尊というお寺も見れました。等々力渓谷は紅葉スポットらしいですが、まだ全然色づいてなかったです。砧公園とかと違って、子供がボールで遊べるような広々した緑地があるわけではなく、純粋な散策路って感じだけど意外に人が多かったです。

等々力渓谷の写真いくつか。全てPENTAX K-m + PENTAX-M 28mm F2.8。

説明を受ける中高年の団体 散策コース 等々力不動尊 等々力渓谷の石標 橋

連休

3連休は珍しく3日ともでかけた。とくにたいしたところは行ってないですが。

10/10(土)

土曜は狛江に自家焙煎のコーヒー豆を売ってる店(ここ)があるということを知ったので、少し遠いけどサイクリングがてら自転車で買いにいく。初狛江市上陸。帰りに多摩川沿いに行くともみじ市というオーガニック&ロハス感漂うイベントがやっていた。時間が遅くてみれなかったけど、高野寛とかがライブをやっていたらしい。客層がいかにもな感じのママさんたちばかりで、おー東京っぽいなーと思った。

10/11(日)

日曜はまたもや自転車で遠出。生田緑地内にある岡本太郎美術館に行ってみようということで、自転車で行ってみる。途中までは前日とほぼ同じコース、狛江のところで多摩川をわたって川崎市に入るという道のり。地図上で見ると狛江近辺とそこまで距離があるようには見えなかったけど、実際行ってみると生田緑地周辺は坂が多すぎてかなりしんどかった。疲れて美術館の中に入る気も起きず、美術館併設のカフェで昼飯だけ食べて(あまり期待してなかったけど意外とおいしかった)、あとは緑地内をさらっと見て帰る。生田緑地は木の背が高くて森林っぽい。

帰り道またもみじ市に寄って、栗コーダーカルテットのライブを見る。栗原さんはDCPRGのベースでしか見たことなくて栗コーダーのライブは初見だったんですが、子供にも楽しめるようなほんわかした感じで、子連れの多いこのイベントによくなじんでました。前日は終わりがけに行ったのであまり人がいなかったんだけど、この日すごい人出だった。

10/12(月)

最終日日曜は加湿器を見に渋谷のヤマダ電機へ。リサーチだけして、結局現地では買わず、家でネット注文。散歩気分で代々木公園に行ってみると九州の物産展がやってて、屋台がいっぱい出ていて子供と昼間から赤ら顔の大人が大量にいました。さらには代々木体育館ではビジュアル系バンドのライブもあったようで、周辺にはゴスロリな格好の女性の団体もいて、なんだかよくわからない風景が広がっていました。

写真は↓

多摩川 (M 50mm F1.4) 生田緑地 1 (DA 12-24mm F4) 生田緑地 2 (DA 12-24mm F4) 昼食@カフェテリアTARO (DA 12-24mm F4)
母の塔 (DA 12-24mm F4)
立つ犬 (DA 12-24mm F4) もみじ市 1 (M 50mm F1.4) もみじ市 2 (DA 12-24mm F4) (遠いけど)栗コーダーカルテット (M 50mm F1.4) ゆるキャラ@代々木公園 (M 28mm F2.8) 代々木第一体育館 (M 28mm F2.8)

シルバーウィーク

5連休でした。

連休初日の土曜日は川崎の海沿いでやっていたTAICOCLUB’09 KAWASAKIへ。

最後の2日は父親の実家の島根で親戚の挨拶回り的なことをしに。あんまり観光の時間はなかったけど出雲大社は連れて行ってもらいました。

TAICOCLUB 明け方 (Optio W10) TAICOCLUB 朝 (Optio W10) 出雲大社 (K-m + M 28mm F2.8)

渋谷〜池尻大橋〜三軒茶屋

昨日は名古屋から来た友達と渋谷で昼食。夜は三軒茶屋でライブを見に行く予定だったので、渋谷界隈をふらふら。時間が余ったので渋谷から三軒茶屋まで歩いた。基本246号沿いを行き、途中寄り道しながら向かい、50分くらいで着いた。池尻大橋のあたりにはき目黒川緑道なる散歩道があって、花がいろいろ植えられていたり、カモがいたりした。東京は都会なのに少し行くとこういうふうにのどかな散歩道などが整備されているところがすごいなあと思う。

目黒川緑道のカモ (M 28mm F2.8)

ほんで今日は髪切って掃除してカレー作ってネットしたらもう夜だ。長過ぎた夏休みの反動か、最近土日休みが異様に短く感じる。

花火

長い夏休みも終わり、先週から仕事復帰。ねむかった。

で、せっかく東京に引っ越したということで、昨日は多摩川の花火大会を見に行ってきました。二子橋を中心に下流側では川崎市主催の「川崎市制記念多摩川花火大会」、上流側では世田谷区主催の「世田谷区たまがわ花火大会」が同日開催するのが恒例みたいで、僕が行ったのは世田谷の方。

開始時間ぎりぎりに多摩川土手に行ってなんとか場所を見つけて座り込むと、打ち上げ場所が相当近くて打ち上げが始まったときにちょっとびっくりした。こんなに近くででかい花火を見たことがなかったので感動した。音もすごかったし。

今まで花火大会って言うと、親の実家の田舎でやってるやつとかしかいったことなかったんだけど、東京の花火大会だけあって、でかい花火があがると「フォー」みたいな歓声が上がって、盛り上がってるなあという感じがした。ライブを何度も見に行ったりして思ったんだけど、やっぱり東京の人は舞台とかコンサートを見慣れてるせいか、歓声をあげるのがうまい人が多い気がする。うちの奥さんはほとんど歓声とかあげないタイプだけど、昨日はよほど盛り上がったのか、ラストあたりでは「ウォッフォウ!」みたいなよくわからない声を出していて、それがパフォーマンス的な声ではなく、いかにも心の底から出ている歓声のようで面白かった。

花火 1 (M 28mm F2.8) 花火 2 (M 28mm F2.8) 花火 3 (M 28mm F2.8)

花火の写真はむずかしい…。

sidebar_start