タグ : NATSUMEN

[Endless Summer Jam vol.1111] @Shelter

片山省吾 with 網走ティータイム / 後藤まりこ / NATSUMEN

続きを読む

[x No Reason xXx No Fracture x] @渋谷CLUB QUATTRO

NATSUMEN

続きを読む

[KAIKOO POPWAVE FESTIVAL ’10 2日目] @東京晴海埠頭客船ターミナル特設ステージ

KING & QUEEN Field

NATSUMEN / COKEHEAD HIPSTERS / sleepy.ab / キセル / DJ NOBU / 渋さ知らズオーケストラ / NICE VIEW / THA BLUE HERB / DJ BAKU HYBRID DHARMA BAND / クラムボン

BLACK EMPEROR STAGE

DJ YUUDAI / YOLZ IN THE SKY / サイプレス上野とロベルト吉野 with ZZPPP / SHINCO / NORIKIO + BRON-K / B.I.G. JOE / あらかじめ決められた恋人たちへ / 環ROY / DJ 刃頭 / ORdER / SHIRO THE GOODMAN

WHITE KNIGHT Stage

グッドラックヘイワ / NUMB / 七尾旅人 / Rival Schools / SKUNK HEADS / DJ HIKARU / TURTLE ISLAND

FANTASTIC PLAYGROUND

tomad / GROSS DRESSER / VIZZA CASH MONEY / TAKARADA MICHINOBU / LUVRAW & BTB + MR.MELODY / Dorian / やけのはら + Dorian / Latin Quarter

続きを読む

[WE SAY FOGGY! vol.6] @CLUB GOODMAN

五時夫 / NATSUMEN / PANICSMILE

続きを読む

思い出横町

2chにのってた。NATSUMENの打ち上げ風景が偶然NHKに取材されたの巻。「ジャズを中心に演奏するバンドのメンバーたち」って紹介されてる。おもしろい。

石橋さんもいるからこの前の早稲田の学祭の後かな?

[UBC-jam vol23] @早稲田大学記念会堂

おとぎ話 / サイプレス上野とロベルト吉野 / YOUR SONG IS GOOD / NATSUMEN

続きを読む

早稲田の学祭にNATSUMEN

http://www.ubc-waseda.net/jam23/index.html

学祭の季節です。早稲田のライブ企画UBC-jamの今年の出演者はNATSUMEN / おとぎ話 / サイプレス上野とロベルト吉野、だそうです!豪華!なおかつ無料!行くしかない。

11/7(土)に戸山キャンパスってとこでやるみたいです。

アインちゃんNATSUMENに復帰

http://natalie.mu/news/show/id/17995

復帰。そしてなぜか改名だそうです。やっぱりNatsu no Mujinaにはアインちゃんのギターが必要だ…!

“No Reason up to the Death”のPV

NATSUMENの”No Reason up to the Death”のPV。素材は2008/10/21の渋谷クラブクアトロの復活ライブかな?

[HEROIN 08] @SHELTER

NATSUMEN / te’ / my way my love

続きを読む

[ONE×MORE×SUMMER×SHIT!!!] @渋谷CLUB QUATTRO

NATSUMEN

続きを読む

NATSUMEN復活!!

http://natsumen.net/
http://natalie.mu/news/show/id/9269

NATSUMENが2年ぶりに活動を再開。10月21日に復活第1弾リリースとなる特別限定編集盤「ONExMORExSUMMERxSHIT!!!」をタワーレコード限定で発売し、同日に東京・渋谷CLUB QUATTROでレコ発ライブを開催することが明らかになった。

レコ発ライブも決まってます(10/21(火)@渋谷クラブクアトロ)。メンバー編成とか曲の感じとかどういう風になってるんですかね? 噂では新ドラマーは山本達久だとか言われていますが果たして? …とにかく、楽しみです。

NATSUMENライブ映像

おおくしさんのとこで知った、誰かが撮ったNATSUMENのライブ映像。3曲あります。

タイトルに"NATSUMEN(2003.2.20-2004.4.9)"とありますが、この日付はこのときのメンバー編成で活動していた期間ですね。石橋英子さんやSALADABARのヤシロさんがいた頃の編成です。この頃の編成は、後期のサックスやトランペットが入った編成よりも(ネット上での)人気が高いんですが、この映像を見て改めて納得。やっぱりNATSUMENにはクラリネットやフルートの方が合ってると思います。

2006年ベストディスク

NATSUMEN / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx !!! (TOPMEN/UMA RECORDS)

NATSUMEN / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx !!!

今年一番よく聴いた。NATSUMENの集大成的なライブアルバム。NATSUMENは2006年で活動休止となりましたが、せめてあと1枚スタジオアルバムを残してほしかったなあ。


DODDODO / Donomichi DODDODO (PowerShovel Audio)

DODDODO / Donomichi DODDODO

「ブレイクビーツ界の萌えドル」とタワレコで紹介されていた大阪の女性トラックメイカー1st。雑多で踊れてかわいくて楽しいアルバム。2007年以降はもっと注目度があがる人だと思う。


PARA / X-GAME (P-VINE)

PARA / X-GAME

山本精一を中心に関西アンダーグラウンドのすごい人らが集まった5人組バンドの1st。小さな音で座って聴いても、大きな音で踊って聴いても最高。ライブもすばらしかった。


SONIC YOUTH / RATHER RIPPED (GEFFEN)

SONIC YOUTH / RATHER RIPPED

4人に戻ったソニックユースの新作。80年代後半の頃の雰囲気がちょっと戻った気がする。シンプルだけどソニックユースにしか出せない音。


METALCHICKS / St. Wonder (Heat Cartel)

METALCHICKS / St. Wonder

シュガー吉永、吉村由加によるメタル+ダンスなユニットの2nd。ありそうでなかった感じの音。メタルなギターがかっこいい。


Kid606 / Pretty Girls Make Raves (tigerbeat6)

Kid606 / Pretty Girls Make Raves

kid606新作。収録されているのはkidにしては意外なほどストレートな4つ打ちな曲ばかりなんだけど、でもこれがすごくよかった。やっぱりこの人はすごい。


Organization / LIVE 2006.4.16

Organization / LIVE 2006.4.16

10年以上前に活動していたテクノユニットOrganizationが永田一直のソロユニットとして復活。めでたい。で、これは復活ライブの様子を収録した音源。ビッキビキのアシッドなベースが気持ちいい。


にせんねんもんだい / ろくおん (bijin records)

にせんねんもんだい / ろくおん

にせんねんの1stフルアルバム。録音も選曲も今までの作品の中で一番いいと思う。


二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム (P-VINE)

二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム

今までちゃんと聴いたことがなかった二階堂和美ですが、このアルバムは前評判通りの完成度の高さでした。お手本のようなポップアルバム。


石橋英子 / Works for Everything (RHYTHM TRACKS)

石橋英子 / Works for Everything

PANICSMILE/MONG HANGの石橋さんのソロ1stアルバム。アバンギャルドな雰囲気を漂わせながらもポップに仕上がった作品。僕は石橋さんの声が好きです。

NATSUMEN活動休止

http://blog.goo.ne.jp/br8202/e/029ca96c158c790ffd1ed…

8月末くらいからネット上で噂はありましたが、やっぱり活動休止、ということで。

昨日はNATSUMENで出演予定だったイベントに「AxSxE & Atami Rainbow Bridge」というユニットで出演していたようです。詳しくはリンク先の記事を参照していただければ、と。

活動休止残念は残念なんだけど、正直そこまでものすごくショックを受けているわけじゃなかったりします。どっちかって言うと、BOAT活動休止のときや、NATSUMENのメンバーががらっと入れ替わったときの方がショックだった。

[FUJI ROCK FESTIVAL ’06 DAY 1] @苗場スキー場

NATSUMEN / A HUNDRED BIRDS ORCHESTRA / TRASHCAN SINATRAS / OOIOO / ROGER JOSEPH MANNING JR. / DONAVON FRANKENREITER / MADNESS / iLL / SUGIURUMN / TIGA ほか

続きを読む

[KIMICA GOLDEN PACKAGE レコ発] @MARZ & marble

SALADABAR / 箱庭の室内楽 / MONG HANG / バンビーノ☆ラジオ / WEED / Sportsman / 漁港 / S AND THE NICOLE KIDMEN / COMMUNICATION BRAINBUSTER / deepslauter / NATSUMEN / 片山省吾 with LARGE400

続きを読む

[ROVO presents MDT FESTIVAL 2006] @日比谷野外大音楽堂

Samm Bennett / GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION / NATSUMEN / ROVO

続きを読む

CD購入記録

  • NATSUMEN / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx !!! (TOPMEN/UMA RECORDS)

タワレコ千種にて。

ついに出たよナツメン2nd。ライブ音源に手を加えたアルバムということで、音はライブの印象にかなり近い。ということで、あまり意外性のある出来では無いんだけど、それでもやはりすごくいい。Atami Free Zoneがかっこよすぎてイントロから脱糞寸前。やっぱこのバンド大好きだー。

2005年ベストディスク

NATSUMEN / KILL yOUR WINTER!!! (TOPMEN/BLITZ-PIA RECORDS)

NATSUMEN / KILL yOUR WINTER!!!

今年一番聴いたやつって言ったらやっぱこれ。NATSUMEN初の単独音源。一年中夏気分。Newsummerboyはほんと名曲だと思う。


銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 (初恋妄℃学園)

銀杏BOYZ / DOOR (初恋妄℃学園)

銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 銀杏BOYZ / DOOR

これは2枚1組とカウントします。銀杏もとにかく聴いたなあ。歌のメロディーはなんとなく聴き覚えのある感じのが多かったけど、過剰にヤケクソな演奏と青臭い歌詞が新鮮だった。


toddle / I dedicate D chord (world wide waddle)

toddle / I dedicate D chord

toddleの1st。これも青臭いという点では銀杏に通じる気が。ちょっと暗めの女子高校生バンドのような世界観。素直にやりたいことをやってる雰囲気が伝わってきてよかった。


On Button Down / Nordic Forest (coa records)

On Button Down / Nordic Forest

オンボ2nd。ASEプロデュースの凝った音響も面白いんだけど、素朴でポップなメロディーが印象的。


PANICSMILE / Eats Tokyo Alive! (Headache Sounds)

PANICSMILE / Eats Tokyo Alive!

パニスマのライブ盤。3rd〜5thをいいとこ取りした選曲もいいし、臨場感のある録音もいい。


ニーハオ! / Gorgeous (TZADIK)

ニーハオ! / Gorgeous

ジョン・ゾーン録音のニーハオ!の1stフルアルバム。20曲入りでボリュームたっぷり。


Numbers / We’re Animals (Kill Rock Stars)

Numbers / We're Animals

ナンバーズ3rd。今までのディスコパンクな感じに加え、今作ではポップさがより増しててよかった。


Xinlisupreme / No Future

Xinlisupreme / No Future

Xinlisupremeのウェブサイトで半年に渡って無料配信されたアルバム。無料とは思えないクオリティの高さ。


Bolbots / Imaginary Song Park (KIMICA RECORDS)

Bolbots / Imaginary Song Park

ボルボッツ1st。ほんとは去年から物販等で売ってたみたいだけど、流通に乗ったのは今年からなので今年のベストアルバムに入れさせてもらいます。ポップな歌と妙に展開の唐突な演奏のギャップが面白い。


Hrvatski / Irrevocably Overdriven Break Freakout Megamix (Entschuldigen)

Hrvatski / Irrevocably Overdriven Break Freakout Megamix

40分1トラックのHrvatskiのライブアルバム。ほんとはちゃんとしたアルバム出してほしいけど、でもこれもよかったよ。

sidebar_start