タグ : Happle

2013年ベストディスク

Happle / ドラマは続く (MINE’S RECORDS)

Happle - ドラマは続く

一番聴いたのはこれ。いなかやろうの活動休止から3年、メンバーも1人減って3人組となったHappleの1stフルアルバム。いなかやろう時代よりも音数が削られてよりシンプルに、そしてより大人っぽくなった良質ポップス。9月のレコ初ワンマン(前座は1夜限りの復活いなかやろう!)もすばらしかった。次はラップ曲もぜひ音源化してほしいところ。


白い汽笛 / 私たちの街 (こんがりおんがく)

白い汽笛 / 私たちの街

これもよく聴いた。大阪のこんがりおんがく(neco眠る森さんなどがやっているレーベル)発の3人組。東京の七針界隈(mmm, oono yuuki, 王舟等)とも縁が深いようです。音源だと最高にゆるいけど、「レゲエ」あたりはライブで見るとパワフルに盛り上がってた。うたものもいいけど、時折出てくるインスト曲がすごくいい。


大森靖子 / 魔法が使えないなら死にたい (PINK RECORDS)

大森靖子 / 絶対少女 (PINK RECORDS)

大森靖子 / 魔法が使えないなら死にたい 大森靖子 / 絶対少女

豊田道倫直系の赤裸々系SSWというポジションだったのが、もともとのハロプロファンぶりと昨今のアイドルブームがあさっての方向に作用して、Tokyo Idle Festivalに出たりして大活躍の大森さん。アルバムも2枚ともよく聴いた。ジャケが表すとおり、「魔法〜」は暗め、「絶対少女」は明るくてポップ。音源だとバックは打ち込みだったりバンドだったりするけど、ライブでギター一本でやってるときが一番引き込まれる。


my bloody valentine / m b v (mbv Records)

my bloody valentine / mvv

来日ツアーを前に突如発表された、まさかのマイブラの22年ぶりの新譜。音が悪いとか新鮮味がないとかいろいろ言われてたけども、やっぱりほんもののマイブラがちゃんと新しい音源を世に出したというのはすごいことだったと思う。


正直2013年リリースの音源でちゃんと聴いたのって20枚もいかないので、ベストディスクとかいうのも図々しいけども恒例行事なのでいちおう選びました。2013年は子供が生まれたので、CDもあんまり買わなかったし、ライブ行く回数もだいぶ減った年でした。

音楽関係で印象に残った出来事で言うと、昔から知ってるSatanicpornocultshopとか佐伯誠之助とかMachinedrumあたりがJuke/Footworkシーンで話題になったりしてるのを見て、「音楽を長いこと追ってると予想もつかないことが起こって面白いな〜」と思いました。Planet-muがJukeの代表的レーベルになってたりとかして、ダンスミュージックは流行り廃りが激しいなーと改めて実感。

[HAPPLE『ドラマは続く』レコ発イベント第2弾] @440

いなかやろう / HAPPLE (w/MC.sirafu, 山本草助(プルルタ), 和田大樹)

2011年ベストディスク

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil (Polyvinyl)

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil

Deerhoofの10thアルバム。Deerhoofは初めてライブを見た2003年以来ずっと好きで、来日公演はほぼ全て行ってるし(2011年12月のライブは急用で行けなかったのが残念)アルバムも全部持ってるんだけど、毎回新しいことをやりつつも一貫して「らしさ」を出して来るので全然飽きない。流行りの音というわけでもないので時間が経っても古びずにいつも新鮮に聴こえる。まだまだこれかも追いかけていく所存です。ネット上で無料公開されたライブアルバム“99% Upset Feeling”も未音源化カバーが多数入ってて最高。


GELLERS / GUATEMALA (compare notes records)

Gellers / Guatemala

スタジオ録音の新曲3曲+既発曲のライブ録音4曲の「ビッグシングル」。超キャッチーな名曲”GUATEMALA”をはじめとしたキラキラ感溢れるスタジオ音源、おそらく2010年のフジロック出演時のものと思われるカオティックな演奏で音質も粗悪なライブ音源、どちらもゲラーズの魅力が十分に堪能できます。


Happle / Happle

Happle / Happle in the morning (nau)

Happle / Happle Happle / Happle In The Morning

いなかやろうのメンバーが名前も新たに始めたHappleの音源。初音源”Happle”はライブの物販のほか、円盤とJET SETの店頭と限られた場所でしか手に入らないのが難点ですが、続く”Happle in the morning”はnauで24bit/48kHzのWAV形式でダウンロード販売されています。いなかやろうよりも大人になった高品質ポップス。いなかやろう時代はコーラスのみだったドラムの押田さん(最近箱庭の室内楽でも叩き始めたようです)のボーカル曲が相当によくてびっくりした。


Cherryboy Function / Suggested Function EP #1 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Function EP #2 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Funciton EP #1 Cherryboy Function / Suggested Function EP #2

流行り廃りの激しいクラブミュージックは正直ついていけてませんが、そんな中でも僕が追いかけ続けている日本人トラックメイカーのEP2作。#1はアナログのみで2006年に発売されていたEPをCD化したもの。EP自体は前に出た“EARLY WORKS 1999-2002”ですでにCD化された曲が多いのですが、ボーナスディスクに収録の2010年12月のDOMMUNE出演時のライブ音源がすばらしいのでそれだけでも買う価値あり。#2は2011年1月リリースの新譜。1曲目の”pulse of change”がとにかくいい。レーベルオーナー永田さんが前にDOMMUNEで「彼はじっくりアルバムを作るというタイプでもないので、曲ができたらどんどんEPを出していく」というようなことを言っていたので、2012年も新譜を期待したいところ。


石橋英子 / carapace (felicity)

Eiko Ishibashi / Carapace

石橋さんソロ3rd。ジム・オルークのプロデュースの効果かどうかわからないけど、今までのアルバムの中で一番録音品質が高いと思う。ピアノ中心で音数の少ないアレンジになってる曲が多いんだけど、音の粒立ちがすごくいい。ジャケ同様、幻想的な世界観が強く印象に残るアルバムです。


 2011年リリースで自分で買ってよく聴いたものというとこれくらいです。年々新譜にかける金額が減っている気がします…。無料ダウンロード音源やレンタルや図書館で安価にすませる傾向が強かったような。

新譜以外でよく聴いたのは、王舟のCD-R2作(“Thailand”, “賛成”)とたまのメジャー時代のアルバム。王舟は前から知ってたんだけど、6月にTONOFONで初めて見たバンド編成のライブがものすごくよくて、その流れで音源もよく聴いたし、ライブも何度か見た。たまは今までちゃんと聴いたことなかったんだけど、元メンバーの知久さんや石川さんのライブを見るうちに興味がじわじわとわいてきて、図書館で昔のアルバムを一通り借りた。聴いてみると、ブレイク直後の”さんだる”も全然浮ついた感じがないし、以降のアルバムもめちゃくちゃ完成度高くてはまった。今まで聴いてこなかったことが悔やまれる。

[Our music SP.] @CLUB GOODMAN

Happle / 日比谷カタン / 倉地久美夫 / 石川浩司 and 真黒毛ぼっくす

2011/2/14の買い物

Happle / Happle Happle / Happle (梱包時)
  • Happle / Happle

いなかやろうのメンバーが名前も新たに去年から始動したHappleの初音源となる2曲入りのCD。公式サイトの通販で購入。布製トートバッグに包まれた手作り感あふれる状態で届きました。音の方はいなかやろうよりも大人っぽい感じになってます。

sidebar_start