タグ : Deerhoof

2004年ベストディスク

PANICSMILE / MINIATURES (P-VINE RECORDS)

PANICSMILE / MINIATURES

今年、アルバム通しで一番よく聴いたのはたぶんこれ。5thにして原点回帰というか、初々しい衝動に満ち溢れたアルバム。パニスマの現時点での最高傑作だと思う。今年のベストアルバムにZAZEN BOYSとか東京事変とかMO’SOME TONEBENDERあたりを挙げてる人でまだこれを聴いてない人がいたら、ぜひとも聴いてみてほしい一枚。


FLUID / SCIENCE FICTION OF NONE (FUGA RECORDS)

FLUID / SCIENCE FICTION OF NONE

FLUIDの1st。ポップさと変態さのさじ加減が絶妙で、何度も聴いてしまった。まだまだ発展途上なバンドだと思うんで、以降のリリースにも期待したいです。


BATTLES / EP C (monitor records)

BATTLES / EP C

この人らも一応新人なのか。話題沸騰のBATTLES。EP三部作の中ではこれを一番よく聴いた気がする。ポスト・ハードコアってこういうやつのことなのかー、と納得させられた一枚。


ALL OF THE WORLD / the dance we do (THANKS GIVING)

ALL OF THE WORLD / the dance we do

名古屋のALLsの1st。最初にライブ見たときから、この人らの音はCDで聴きたいなーと思ってたので、このアルバムのリリースは単純に嬉しかった。そして、いざ聴いてみたら想像以上の完成度で大満足でした。


ニーハオ! / RED (UMMO RECORDS)

ニーハオ! / RED

ニーハオ!はとにかくかわいいの一言に尽きます。そんな彼女たちのかわいさを前面に押し出した1stミニアルバム。今のところ、僕の中のアイドルバンドランキング1位です。今年はライブも見れてよかった。


DEERHOOF/ MILK MAN (Kill Rock Stars)

DEERHOOF / MILK MAN

最初聴いたときは、昔のアルバムの方がいいかなーと思ってたけど、何度も聴くうちにはまってきた。今までと比べて新しいことをやってる感じではないけど、単純に個々の楽曲の水準が上がってきてるように思いました。


Satanicpornocultshop / Anorexia Gas Balloon (SONORE)

Satanicpornocultshop / Anorexia Gas Balloon

フランスのレーベルからリリースされた、Satanicpornocultshopの世界デビュー盤。いかにも大阪なセンスがすばらしい。ジャケットのデザインも好き。


California Dolls / Dragon, Tiger and Escargot (COMMUNE DISC)

California Dolls / Dragon, Tiger and Escargot

吉田アミと和田ちひろの宅録デュオによる、アバンギャルドとキュートが交互に顔を出す不思議アルバム。一度聴くと癖になります。


subtle / A new white (LEX)

subtle / A new white

Anticon周辺の人たちが集まったユニットsubtleのアルバム。基本はヒップホップだけど、バックの演奏はポストロックな雰囲気もあったりして、ありそうでなかった感じの音を出してるところが魅力的でした。


V.A. / FLOWERS OF ERROR 2 (BELLWOOD RECORDS)

V.A. / FLOWERS OF ERROR 2

アルバム単位でよく聴いたとは言い難いものの、3曲目に収録されたNATSUMEN「Whole lotta summer」は間違いなく今年一番よく聴いた楽曲でした。続く4曲目のkiwiroll「永遠」もすばらしい。全曲ライブ録音なので音質はよくないですが、バンドの熱気はスタジオ録音以上に伝わってきました。

DEERHOOF@TOKUZO

DEERHOOFのライブ見てきた!めちゃくちゃよかったよ!相変わらずドラムが変態すぎてすごかった。今回は54-71との2マンライブということで、前回名古屋に来たときよりも長めに演奏してて嬉しかったです。詳しくはまたライブレポのページに書きます。

あと、噂には聞いていましたが、54-71はほんとにインストバンドになってました。ギターの人がいなくなって、3人になってた。で、ボーカルの人はキーボード弾いてた。

[DEERHOOF and 54-71] @TOKUZO

DEERHOOF / 54-71

続きを読む

2003年ベストディスク

LIGHTNING BOLT / WONDERFUL RAINBOW (LOAD RECORDS)

LIGHTNING BOLT / WONDERFUL RAINBOW

今年は、一枚のCDだけ飛び抜けてよく聴くというようなことはなかったのだけども、それでも2003年一番よく聴いたCDを選べと言われたら、多分これ。変態ハードコアだけど、すごくわかりやすくてポップ。来年こそはぜひ来日してほしいバンド。


Limited Express (has gone?) / Feeds You! (TZADIK)

Limited Express (has gone?) / Feeds You!

京都の3人組の1st。躍動感溢れる演奏に乗っかる超高音女声ボーカルが耳について離れませんでした。この作品はライブがよかったので物販で買ったのだけど、 CDだとたまに音の薄さを感じたりもしました。でもよく聴いた。


DEERHOOF / APPLE O’ (Kill Rock Stars)

DEERHOOF / APPLE O'

日本人ボーカリスト、サトミ・マツザキを擁するサンフランシスコのバンドのアルバム。子供のようなかわいらしいサトミのボーカルと、すっとぼけていて、それでいて騒々しい演奏の組み合わせがかなりツボでした。これも、ライブがよかったので物販で買った一枚。


Mew / Frengers (EPIC)

Mew / Frengers

デンマークの4人組の1st。何人かの人に「Mewが好きなんて意外」と言われたけど、僕は普通に好きですよ、このアルバム。ボーカルの声が気持ちよすぎ。キラキラとしたハイファイな音作りはいまいち好きになれませんでしたが、 1曲目の「Am I Wry? No」はやはり名曲。


NUMBERS / EE-UH! (Troubleman Unlimited)

NUMBERS / EE-UH!

スタジオ音源3曲+ライブ音源3曲のシングル。ビコビコと暴れ回るアナログシンセがかっこよすぎなニューウェーブディスコパンク。スカスカでペラペラですが、鋭い音。今年一番はまった洋楽のバンドです。このシングルと同時期に出たリミックス盤「Death」もすごくいい出来でした。


electric company / it’s hard to be a baby (tigerbeat6)

electric company / it's hard to be a baby

MEDICINEのギタリストのソロ。まず、ジャケが好き。バンド出身者だからなのか、どこかしらロックっぽい香りが残るエレクトロニカ。 1曲1曲のインパクトは薄い気もするけど、メロディアスで聴きやすく、気持ちいい音です。 10月の来日公演キャンセルにはへこんだ。


CICADA / SIMPLE CHAOS STEREO (MUSIC MINE)

CICADA / SIMPLE CHAOS STEREO

日本の人。3人組のバンドらしい。フロア向けな上げ上げダンスミュージックの詰まったアルバム。過剰でポップで面白かった。いそうでいないタイプの人たちだと思いました。なんか、この人らはライブもかなりバカで面白いらしいんで、そのうち見てみたい。


Kid606 / kill sound before sound kills you (ROMZ/ipecac recordings)

Kid606 / kill sound before sound kills you

「ps I love you」以来のkid606久々のオリジナルフルアルバム。ガツガツ踊れる曲からソフトな電子音響まで無節操に幅広く収録された、彼らしさが満点の内容。なんだかんだでこの人のセンスは大好きなのです。


gaji / 9pm at gfm (INOXIA Records)

gaji / 9pm at gfm

三軒茶屋のライブハウス「grapefruit moon」で録音された仮想ライブアルバム。ひりひりと焼け付くような感じの張り詰めた音の世界。独特な世界観を持ってるバンドですね。なんとも一言で言い表しづらい。ハードコア?エモ?ポストロック?とにかく、好きです。


HALCALI / エレクトリック先生 (FLME)

HALCALI / エレクトリック先生

今年の僕の中の新人賞。ほんとはアルバムを選んだ方がいいのだろうけど、アルバムはCCCDだったので買ってないので、一番よく聴いたこのシングルを選びました。ハルカリの曲の中で、これが一番好き。トラックもラップもかっこよくてかわいくて最高。


去年は全然新譜を買ってなかったので、今年は積極的に買ってみました。 2003年リリースで、自分の買ったCDの中から10枚選出。ほかには、knifehandchop 、Explosions In The Sky、BLACK EYES、 SHIRO THE GOODMAN、Spangle call Lilli line、Lemon Jellyのアルバムとか、メルツバウのリミックス盤、weezerトリビュート(NATSUMEN最高)、「ビザールデッド」(93PANICSMILE最高)あたりがよかったです。しかし、僕の音楽的ツボは何年も前から変わってないんだなあ、と実感しました。「うるさい」「かわいい」「変」「バカ」のどれかがあてはまるやつばっか聴いてました。来年は、最近のアメリカのインディーものをもっと聴いていきたいです。あと、聴き逃してきた名盤も押さえておきたい。以上。

[map presents CHANNEL 7] @TOKUZO

GO FISH / DEERHOOF / THE FOLK IMPLOSION

続きを読む

sidebar_start