タグ : 石橋英子

石橋英子 with もう死んだ人たち @TOKUZO

石橋英子 with もう死んだ人たち (ジム・オルーク(g), 須藤俊明(b), 山本達久(dr), 波多野敦子(violin), 坂口光央(key))

[WWW 2nd Anniversary “印象波”] @WWW

石橋英子 with もう死んだ人たち / PARA

続きを読む

[ジム・オルーク/石橋英子 ~band set show “芸害 vs もう死んだ人たち”~] @WWW

石橋英子 with もう死んだ人たち / ジム・オルーク with 芸害
(石橋英子, ジム・オルーク, 須藤俊明, 山本達久, 波多野敦子)

2011年ベストディスク

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil (Polyvinyl)

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil

Deerhoofの10thアルバム。Deerhoofは初めてライブを見た2003年以来ずっと好きで、来日公演はほぼ全て行ってるし(2011年12月のライブは急用で行けなかったのが残念)アルバムも全部持ってるんだけど、毎回新しいことをやりつつも一貫して「らしさ」を出して来るので全然飽きない。流行りの音というわけでもないので時間が経っても古びずにいつも新鮮に聴こえる。まだまだこれかも追いかけていく所存です。ネット上で無料公開されたライブアルバム“99% Upset Feeling”も未音源化カバーが多数入ってて最高。


GELLERS / GUATEMALA (compare notes records)

Gellers / Guatemala

スタジオ録音の新曲3曲+既発曲のライブ録音4曲の「ビッグシングル」。超キャッチーな名曲”GUATEMALA”をはじめとしたキラキラ感溢れるスタジオ音源、おそらく2010年のフジロック出演時のものと思われるカオティックな演奏で音質も粗悪なライブ音源、どちらもゲラーズの魅力が十分に堪能できます。


Happle / Happle

Happle / Happle in the morning (nau)

Happle / Happle Happle / Happle In The Morning

いなかやろうのメンバーが名前も新たに始めたHappleの音源。初音源”Happle”はライブの物販のほか、円盤とJET SETの店頭と限られた場所でしか手に入らないのが難点ですが、続く”Happle in the morning”はnauで24bit/48kHzのWAV形式でダウンロード販売されています。いなかやろうよりも大人になった高品質ポップス。いなかやろう時代はコーラスのみだったドラムの押田さん(最近箱庭の室内楽でも叩き始めたようです)のボーカル曲が相当によくてびっくりした。


Cherryboy Function / Suggested Function EP #1 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Function EP #2 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Funciton EP #1 Cherryboy Function / Suggested Function EP #2

流行り廃りの激しいクラブミュージックは正直ついていけてませんが、そんな中でも僕が追いかけ続けている日本人トラックメイカーのEP2作。#1はアナログのみで2006年に発売されていたEPをCD化したもの。EP自体は前に出た“EARLY WORKS 1999-2002”ですでにCD化された曲が多いのですが、ボーナスディスクに収録の2010年12月のDOMMUNE出演時のライブ音源がすばらしいのでそれだけでも買う価値あり。#2は2011年1月リリースの新譜。1曲目の”pulse of change”がとにかくいい。レーベルオーナー永田さんが前にDOMMUNEで「彼はじっくりアルバムを作るというタイプでもないので、曲ができたらどんどんEPを出していく」というようなことを言っていたので、2012年も新譜を期待したいところ。


石橋英子 / carapace (felicity)

Eiko Ishibashi / Carapace

石橋さんソロ3rd。ジム・オルークのプロデュースの効果かどうかわからないけど、今までのアルバムの中で一番録音品質が高いと思う。ピアノ中心で音数の少ないアレンジになってる曲が多いんだけど、音の粒立ちがすごくいい。ジャケ同様、幻想的な世界観が強く印象に残るアルバムです。


 2011年リリースで自分で買ってよく聴いたものというとこれくらいです。年々新譜にかける金額が減っている気がします…。無料ダウンロード音源やレンタルや図書館で安価にすませる傾向が強かったような。

新譜以外でよく聴いたのは、王舟のCD-R2作(“Thailand”, “賛成”)とたまのメジャー時代のアルバム。王舟は前から知ってたんだけど、6月にTONOFONで初めて見たバンド編成のライブがものすごくよくて、その流れで音源もよく聴いたし、ライブも何度か見た。たまは今までちゃんと聴いたことなかったんだけど、元メンバーの知久さんや石川さんのライブを見るうちに興味がじわじわとわいてきて、図書館で昔のアルバムを一通り借りた。聴いてみると、ブレイク直後の”さんだる”も全然浮ついた感じがないし、以降のアルバムもめちゃくちゃ完成度高くてはまった。今まで聴いてこなかったことが悔やまれる。

[七月のふたり] @Grapefruit Moon

石橋英子 / 前野健太

2011/01/08の買い物

Eiko Ishibashi / Carapace
  • 石橋英子 / carapace (felicity)

物販にて。

[Eiko Ishibashi “carapace” release party] @SuperDeluxe

七尾旅人 / 石橋英子

DJ:  DJ ECM (山本達久)

[他力本願でいこう!2010] @築地本願寺

[本堂ステージ]

サワサキヨシヒロ(DJ Set) / 久住昌之&Blue Hip / 石橋英子 / PARA / つじあやの

[境内”誰そ彼”ステージ]

石橋英子 / 久住昌之&Blue Hip / サワサキヨシヒロ&Cami Tokujiro

http://hongwanji-shutoken.net/tariki/2010/

入り口 夜の本願寺

続きを読む

CD購入記録

十年選手 / 9696PAR Eiko Ishibashi + Rent:A*Car / Live At Co-Net 20090823
  • 十年選手 / 9696PAR
  • Eiko Ishibashi + Rent:A*Car / Live At Co-Net 20090823

ライブ物販にて。どっちもCD-R。

十年選手は吉田肇(PANICSMILE)、出利葉信之(ロレッタセコハン)の2人組ユニット(ライブだとさらに山本達久(NATSUMEN)がドラムで参加するようです)、Rent:A*Carは保田憲一(PANICSMILE), 岩沢卓のユニットです。

[石橋英子 Presents Drifting Devil Vol.1] @O-WEST

七尾旅人 / PARA / 石橋英子ヤングチーム

続きを読む

[abstruct blues 特別版] @CLUB GOODMAN

石橋英子 / 山本精一 / 鈴木慶一

続きを読む

[ULTIMATE MUZIK!] @月見ル君想フ

石橋英子 / 七尾旅人 / 内橋和久 / 外山明
special guest: 知久寿焼

続きを読む

2007年ベストディスク

SALADABAR / RESORT BOMB (Kimica Records)

SALADABAR / RESORT BOMB

2007年一番よく聴いたのはこれかな、と。あくまでマイペースを貫く東京アンダーグラウンド界の中堅・SALADABARが8年ぶりに制作した2ndアルバム。変拍子プログレとハワイという相反する要素が同居してるのが新鮮。小難しさ0で楽しめた。


俺はこんなもんじゃない / 2 (漫想社)

俺はこんなもんじゃない / 2

東京の5人組・俺はこんなもんじゃないの2nd。プログレ、ジャズ、民族音楽等の要素がごちゃごちゃに混ざってどこにも無いような音になってます。メンバー5人全員が対等に渡り合ってる感じのアンサンブルが好きです。


CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC (ExT Recordings)

CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC

クラブ系だとやっぱりこれがよかった。Transonicの永田一直の新レーベルから出たCHERRYBOY FUNCTIONの1stアルバム。4つ打ち系の音源はあまり聴かないのですが、これははまった。この人はリズムの組み立て方がすごくうまいと思う。アルバム全体としてはちょっと地味な印象もありますが、ラストの"The Endless Lovers"は超名曲。


スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 (Lastrum)

スマーフ男組とSPACE MCEE’Z / WUKOVAH SESSIONS (WUKOVAH)

スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 スマーフ男組とSPACE MCEE'Z / WUKOVAH SESSIONS

これは2枚で1つということで。前身のADSの解散から10年、ようやく出たスマーフ男組の1stアルバムと、MC2人を加えて録音されたスタジオセッション盤。エレクトロやヒップホップへの愛がユーモアたっぷりに表現されています。スマーフの3人のセンスの良さ、そしてこれを10年以上やってきたという歴史に感服。


Gellers / Gellers (compare notes records)

Gellers / Gellers

今や時の人であるトクマルシューゴの在籍するバンドの1st。3人のリードボーカルが曲ごとに入れ替わり、やんちゃに暴れ回ってます。基本的にポップなんだけど、やたら叫んだりする曲もあったりして、なんだかとりとめの無い感じのアルバム。こういう作品をリアルタイムで聴けたのは幸運だったと思う。


miami / Good Morning Playground (POPLOT)

miami / Good Morning Playground

2007年はPerfumeがものすごく話題に上った年だったと思いますが、個人的にはmiamiのことも忘れないでほしいです。ガールズテクノポップのローファイ側筆頭。テクノなトラックに、子供向け漫画っぽいコミカルさのあるボーカルが絡む、ポップでかわいらしいミニアルバム。


石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ (RHYTHM TRACKS)

石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ

石橋英子(PANICSMILE, MONG HANG)とアチコ(KAREN, ex. On Button Down)の仲良し2人組によるピアノ+ボーカルユニット。音数は少なくてシンプルなんだけど、独特な世界観に魅了されてしまいます。歌詞は全部日本語なのに、なぜか洋楽を聴いているような錯覚に陥る作品。


Electrelane / No Shouts No Calls (too pure/Beggars Japan)

Electrelane / No Shouts No Calls

Fuji Rock Festival ’07にも出演したイギリスのガールズバンド4th。演奏は下手なんだけど、荒削りなギターと綺麗なコーラスが気持ちいい。メロディーのセンスも抜群にいい。演奏力よりセンスが大事なんだと改めて感じさせられた一枚。


いなかやろう / いなかやろう (Headache Sounds)

いなかやろう / いなかやろう

東京で活動しているのに「いなかやろう」という名前のバンドの1st。メロディーは暖かく、演奏は時にパワフル、そしてユーモアも忘れない。アンダーグラウンド音楽が好きな層だけに向けられた音楽ではなくて、普遍的なポップさがあるバンドだと思います。


bogdan raczynski / alright! (rephlex)

bogdan raczynski / alright!

bogdanの5年ぶりの新作。この人としては特別新しいことをやっているわけではないと思いますが、2007年の音源として十分刺激的なことをやっていると思う。AFX、Rephlexあたりのキテレツエレクトロニカのファンは必聴。


PANICSMILE / BEST EDUCATION (RHYTHM TRACKS)

PANICSMILE / BEST EDUCATION

皆さん予測されてるとは思いますがこれもベストに入れさせていただきます。PANICSMILE 6th。パニスマはアルバムごとに作風が違うのですが、今作は今までで最も「ポップ」で「変」なアルバム。吉田さんの皮肉に満ちあふれた歌詞も絶好調。パニスマはとにかく好きなんです。


toddle / Dawn Praise the World (world wide waddle)

toddle / Dawn Praise the World

こちらも皆さん予測されてるとは思いますがベストに入れさせていただきます。toddle 2nd。1stの延長といった作品ですが、歌唱力と作品の幅がレベルアップしてる気がします。toddleはとにかく好きなんです。

[OTHER MUSIC #20] @EARTHDOM

MUSIC FROM THE MARS / THE BITE / GOD’S GUTS / PANICSMILE
DJ: JUNNE (NOISE NOISE NOISE)

続きを読む

[TOKYO UNDERGROUND UNDERGROUND] @CLUB GOODMAN

GELLERS / 石橋英子 / のうしんとう / bossston cruizing mania

[abstract blues 1] @CLUB GOODMAN

MINGUSS / トクマルシューゴ / 石橋英子+吉田達也 / 倉地久美夫+外山明

続きを読む

[SALADABAR『RESORT BOMB』RELEASE PARTY!! "HAWAII ROCKS"] @LIVE INN ROSA

PHEWWHOO / ウーネリーズ / 石橋英子×アチコ / 水中、それは苦しい / SALADABAR
SPILITUAL: DJモコミチ(from NATSUMEN)

続きを読む

[石橋英子×アチコ "ロラ&ソーダ" 発売記念ライブ] @月見ル君想フ

タテタカコ / 豊田道倫 / 石橋英子×アチコ

続きを読む

2006年ベストディスク

NATSUMEN / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx !!! (TOPMEN/UMA RECORDS)

NATSUMEN / NEVER WEAR OUT yOUR SUMMER xxx !!!

今年一番よく聴いた。NATSUMENの集大成的なライブアルバム。NATSUMENは2006年で活動休止となりましたが、せめてあと1枚スタジオアルバムを残してほしかったなあ。


DODDODO / Donomichi DODDODO (PowerShovel Audio)

DODDODO / Donomichi DODDODO

「ブレイクビーツ界の萌えドル」とタワレコで紹介されていた大阪の女性トラックメイカー1st。雑多で踊れてかわいくて楽しいアルバム。2007年以降はもっと注目度があがる人だと思う。


PARA / X-GAME (P-VINE)

PARA / X-GAME

山本精一を中心に関西アンダーグラウンドのすごい人らが集まった5人組バンドの1st。小さな音で座って聴いても、大きな音で踊って聴いても最高。ライブもすばらしかった。


SONIC YOUTH / RATHER RIPPED (GEFFEN)

SONIC YOUTH / RATHER RIPPED

4人に戻ったソニックユースの新作。80年代後半の頃の雰囲気がちょっと戻った気がする。シンプルだけどソニックユースにしか出せない音。


METALCHICKS / St. Wonder (Heat Cartel)

METALCHICKS / St. Wonder

シュガー吉永、吉村由加によるメタル+ダンスなユニットの2nd。ありそうでなかった感じの音。メタルなギターがかっこいい。


Kid606 / Pretty Girls Make Raves (tigerbeat6)

Kid606 / Pretty Girls Make Raves

kid606新作。収録されているのはkidにしては意外なほどストレートな4つ打ちな曲ばかりなんだけど、でもこれがすごくよかった。やっぱりこの人はすごい。


Organization / LIVE 2006.4.16

Organization / LIVE 2006.4.16

10年以上前に活動していたテクノユニットOrganizationが永田一直のソロユニットとして復活。めでたい。で、これは復活ライブの様子を収録した音源。ビッキビキのアシッドなベースが気持ちいい。


にせんねんもんだい / ろくおん (bijin records)

にせんねんもんだい / ろくおん

にせんねんの1stフルアルバム。録音も選曲も今までの作品の中で一番いいと思う。


二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム (P-VINE)

二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム

今までちゃんと聴いたことがなかった二階堂和美ですが、このアルバムは前評判通りの完成度の高さでした。お手本のようなポップアルバム。


石橋英子 / Works for Everything (RHYTHM TRACKS)

石橋英子 / Works for Everything

PANICSMILE/MONG HANGの石橋さんのソロ1stアルバム。アバンギャルドな雰囲気を漂わせながらもポップに仕上がった作品。僕は石橋さんの声が好きです。

[青山ピアノナイト8days 第四夜「PIANIZM」] @月見ル君想フ

しまさい / 石橋英子×アチコ / ビンジョウバカネ / 小西麻美 from Minguss

sidebar_start