タグ : いなかやろう

[HAPPLE『ドラマは続く』レコ発イベント第2弾] @440

いなかやろう / HAPPLE (w/MC.sirafu, 山本草助(プルルタ), 和田大樹)

2011年ベストディスク

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil (Polyvinyl)

Deerhoof / Deerhoof vs. Evil

Deerhoofの10thアルバム。Deerhoofは初めてライブを見た2003年以来ずっと好きで、来日公演はほぼ全て行ってるし(2011年12月のライブは急用で行けなかったのが残念)アルバムも全部持ってるんだけど、毎回新しいことをやりつつも一貫して「らしさ」を出して来るので全然飽きない。流行りの音というわけでもないので時間が経っても古びずにいつも新鮮に聴こえる。まだまだこれかも追いかけていく所存です。ネット上で無料公開されたライブアルバム“99% Upset Feeling”も未音源化カバーが多数入ってて最高。


GELLERS / GUATEMALA (compare notes records)

Gellers / Guatemala

スタジオ録音の新曲3曲+既発曲のライブ録音4曲の「ビッグシングル」。超キャッチーな名曲”GUATEMALA”をはじめとしたキラキラ感溢れるスタジオ音源、おそらく2010年のフジロック出演時のものと思われるカオティックな演奏で音質も粗悪なライブ音源、どちらもゲラーズの魅力が十分に堪能できます。


Happle / Happle

Happle / Happle in the morning (nau)

Happle / Happle Happle / Happle In The Morning

いなかやろうのメンバーが名前も新たに始めたHappleの音源。初音源”Happle”はライブの物販のほか、円盤とJET SETの店頭と限られた場所でしか手に入らないのが難点ですが、続く”Happle in the morning”はnauで24bit/48kHzのWAV形式でダウンロード販売されています。いなかやろうよりも大人になった高品質ポップス。いなかやろう時代はコーラスのみだったドラムの押田さん(最近箱庭の室内楽でも叩き始めたようです)のボーカル曲が相当によくてびっくりした。


Cherryboy Function / Suggested Function EP #1 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Function EP #2 (ExT Recordings)

Cherryboy Function / Suggested Funciton EP #1 Cherryboy Function / Suggested Function EP #2

流行り廃りの激しいクラブミュージックは正直ついていけてませんが、そんな中でも僕が追いかけ続けている日本人トラックメイカーのEP2作。#1はアナログのみで2006年に発売されていたEPをCD化したもの。EP自体は前に出た“EARLY WORKS 1999-2002”ですでにCD化された曲が多いのですが、ボーナスディスクに収録の2010年12月のDOMMUNE出演時のライブ音源がすばらしいのでそれだけでも買う価値あり。#2は2011年1月リリースの新譜。1曲目の”pulse of change”がとにかくいい。レーベルオーナー永田さんが前にDOMMUNEで「彼はじっくりアルバムを作るというタイプでもないので、曲ができたらどんどんEPを出していく」というようなことを言っていたので、2012年も新譜を期待したいところ。


石橋英子 / carapace (felicity)

Eiko Ishibashi / Carapace

石橋さんソロ3rd。ジム・オルークのプロデュースの効果かどうかわからないけど、今までのアルバムの中で一番録音品質が高いと思う。ピアノ中心で音数の少ないアレンジになってる曲が多いんだけど、音の粒立ちがすごくいい。ジャケ同様、幻想的な世界観が強く印象に残るアルバムです。


 2011年リリースで自分で買ってよく聴いたものというとこれくらいです。年々新譜にかける金額が減っている気がします…。無料ダウンロード音源やレンタルや図書館で安価にすませる傾向が強かったような。

新譜以外でよく聴いたのは、王舟のCD-R2作(“Thailand”, “賛成”)とたまのメジャー時代のアルバム。王舟は前から知ってたんだけど、6月にTONOFONで初めて見たバンド編成のライブがものすごくよくて、その流れで音源もよく聴いたし、ライブも何度か見た。たまは今までちゃんと聴いたことなかったんだけど、元メンバーの知久さんや石川さんのライブを見るうちに興味がじわじわとわいてきて、図書館で昔のアルバムを一通り借りた。聴いてみると、ブレイク直後の”さんだる”も全然浮ついた感じがないし、以降のアルバムもめちゃくちゃ完成度高くてはまった。今まで聴いてこなかったことが悔やまれる。

[Our music SP.] @CLUB GOODMAN

Happle / 日比谷カタン / 倉地久美夫 / 石川浩司 and 真黒毛ぼっくす

2011/2/14の買い物

Happle / Happle Happle / Happle (梱包時)
  • Happle / Happle

いなかやろうのメンバーが名前も新たに去年から始動したHappleの初音源となる2曲入りのCD。公式サイトの通販で購入。布製トートバッグに包まれた手作り感あふれる状態で届きました。音の方はいなかやろうよりも大人っぽい感じになってます。

2009年ベストディスク

俺はこんなもんじゃない / OWKMJ (漫想社)

俺はこんなもんじゃない / OWKMJ

出る前から最も期待していて、聴いてみたらやっぱり最高だった俺こん入魂の3rd。曲ももちろん、録音状態もすばらしい。雄大な世界観とか、複雑な展開なのに小難しさを感じさせずに聴かせるところとか、荒さと細かさが同居する演奏とか、とにかく独特でほかのバンドにはない魅力がたくさんあります。


いなかやろう / すばらしい日々 (ハヤシライスレコード)

いなかやろう / すばらしい日々

いなかやろう2nd。PANICSMILE吉田肇との共同プロデュース作品。1stもよかったけどこっちの方が断然いい出来。いい歌にシンプルな演奏と、必要最低限なもの高いレベルで揃ったアルバム。ライブでの仲よさそうな演奏風景も心温まる。いろんな人にすすめたいバンド。


KIRIHITO / Question (P-VINE)

KIRIHITO / Question

“Suicidal Noise Cafe”以来9年ぶりのKIRIHITO新作。変てこ、ポップ、踊れる。2人組とは思えない情報量。代わりが利かないKIRIHITOだけの音楽が詰まっています。新譜発売を機にもっと評価されてほしい。


PANICSMILE / A GIRL SUPERNOVA (P-VINE)

PANICSMILE / A GIRL SUPERNOVA

パニスマ7th。2000年から続く現メンバー編成でのアルバムはこれが最後。パニスマお得意のギクシャクしたリズムの演奏はこれまで通りですが、これまでになくメロディー感あふれる作品。吉田さんの新機軸低音ボーカルや、ジェイソン、やっさんのボーカルも面白い。同じメンバーで5枚アルバムを出していて、それぞれの作風が違うのはやはりすごい。


サイケアウツ / Black List -Ultimate Classics- (ZMOR)

サイケアウツ / Black List -Ultimate Classics-

こちらはベスト盤なので厳密には新譜ではないですが…。これまでコミケ(!)とかライブ会場で売られていたCD-Rやカセットでしか聴けなかった曲がちゃんとCDで聴けるようになったのはうれしい限り。派手なサンプル使いに耳が行きがちだけど実はトラックがものすごくよくできててかっこいい。


結局邦楽だけになってしまった。ほか2009年リリース作でよく聴いたのは

  • Kid606 / Shout At The Doner
  • SKYFISH / RAW PRICE MUSIC
  • Tortoise / Beacons Of Ancestorship
  • ユニコーン / シャンブル

あたり。2010年はもうちょい洋楽を聴こう。

CD購入記録

  • いなかやろう / すばらしい日々 (ハヤシライスレコード)

ライブ物販にて。

[すばらしい日々] @CLUB GOODMAN

住所不定無職 / 尾林星 / 灰緑 / 小田晃生 / マーガレットズロース / いなかやろう

続きを読む

2008年ベストディスク

Perfume / GAME (徳間ジャパンコミュニケーションズ)

Perfume / GAME

2008年一番よく聴いたのは文句なしにこれ。Perfumeは自分でも驚くほどはまった。このアルバム、その前に出たベストアルバム、そのあと出たシングル、全てに渡ってめちゃくちゃよく聴いた。クラブミュージック然としたビキビキのトラックとアイドル感の絶妙なバランスが素晴らしい。


PARA / CURRICULUM (Sublime Records)

PARA / CURRICULUM

PARAはCDもよく聴いたしライブもよく見に行った。1stの路線を押し進めた変拍子室内楽。2ndはクラブ音楽の老舗Sublimeからのリリースということで、PARAの音楽が「ダンスミュージック」として認知されてきたように思う。嬉しい。


Jenny On The Planet / for (GYUUNE CASSETTE)

Jenny On The Planet / for

大阪の3人組の3rd。渚にてなどの関西うたものに通じる雰囲気もあり、少しシューゲイザーっぽい感じもあり。地味だけど染みる。曲によってはJesus Feverを思い起こさせる感じで、これまた染みる。大阪でのライブばかりだけど、東京にも来てほしい。


おとぎ話 / 理由なき反抗 (UK PROJECT)

おとぎ話 / 理由なき反抗

Perfume以外で今年はまったバンドっていうとこれ。owkmjのイベントで見て以来ファンになりました。若々しい尖った部分と老若男女に受け入れられそうな愛嬌を合わせ持つバンド。メンバーが同い年ってのもなんか親近感。


いなかやろう / ロージー (自主制作)

いなかやろう / ロージー

これは3曲入りのCD-Rなんだけど、3曲ともすごくよくて、かなり聴き込んだ。2007年に出た1stも持ってるけど、こっちの方がいなかやろうの良さがガツンと出ている気がする。次のアルバムへの期待が膨らみます。


今年はちょい少なめに絞りました。結局日本人のみになってしまった。次点はGang Gang Dance, kuruucrew, neco眠る, Satanicpornocultshop, 石橋英子, NATSUMEN, DJ Newtown(ここで無料で落とせます)あたり。

CD購入記録

  • Jenny On The Planet / for (GYUUNE CASSETTE)
  • S AND THE NICOLE KIDMEN / A MORALITY PLAY e.p
  • いなかやろう / ロージー
  • ぱぱぼっくす / 僕のものになれ (GYUUNE CASSETTE)

高円寺Sunrain Recordsにて。気がつけばギューンカセットが2枚。S AND THE NICOLE KIDMENといなかやろうは自主制作のCD-R。ちなみにS AND THE NICOLE KIDMENってのは、パニスマ吉田さん、bossston cruizing maniaの鹿島さんらによるポストパンクバンドです。

 

  • Deerhoof / Offend Maggie (KIll Rock Stars/P-VINE)

新宿タワレコにて。Deerhoofは来年には来日ツアーも決まってるようです。東京は2/1@リキッドルーム。

2007年ベストディスク

SALADABAR / RESORT BOMB (Kimica Records)

SALADABAR / RESORT BOMB

2007年一番よく聴いたのはこれかな、と。あくまでマイペースを貫く東京アンダーグラウンド界の中堅・SALADABARが8年ぶりに制作した2ndアルバム。変拍子プログレとハワイという相反する要素が同居してるのが新鮮。小難しさ0で楽しめた。


俺はこんなもんじゃない / 2 (漫想社)

俺はこんなもんじゃない / 2

東京の5人組・俺はこんなもんじゃないの2nd。プログレ、ジャズ、民族音楽等の要素がごちゃごちゃに混ざってどこにも無いような音になってます。メンバー5人全員が対等に渡り合ってる感じのアンサンブルが好きです。


CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC (ExT Recordings)

CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC

クラブ系だとやっぱりこれがよかった。Transonicの永田一直の新レーベルから出たCHERRYBOY FUNCTIONの1stアルバム。4つ打ち系の音源はあまり聴かないのですが、これははまった。この人はリズムの組み立て方がすごくうまいと思う。アルバム全体としてはちょっと地味な印象もありますが、ラストの"The Endless Lovers"は超名曲。


スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 (Lastrum)

スマーフ男組とSPACE MCEE’Z / WUKOVAH SESSIONS (WUKOVAH)

スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 スマーフ男組とSPACE MCEE'Z / WUKOVAH SESSIONS

これは2枚で1つということで。前身のADSの解散から10年、ようやく出たスマーフ男組の1stアルバムと、MC2人を加えて録音されたスタジオセッション盤。エレクトロやヒップホップへの愛がユーモアたっぷりに表現されています。スマーフの3人のセンスの良さ、そしてこれを10年以上やってきたという歴史に感服。


Gellers / Gellers (compare notes records)

Gellers / Gellers

今や時の人であるトクマルシューゴの在籍するバンドの1st。3人のリードボーカルが曲ごとに入れ替わり、やんちゃに暴れ回ってます。基本的にポップなんだけど、やたら叫んだりする曲もあったりして、なんだかとりとめの無い感じのアルバム。こういう作品をリアルタイムで聴けたのは幸運だったと思う。


miami / Good Morning Playground (POPLOT)

miami / Good Morning Playground

2007年はPerfumeがものすごく話題に上った年だったと思いますが、個人的にはmiamiのことも忘れないでほしいです。ガールズテクノポップのローファイ側筆頭。テクノなトラックに、子供向け漫画っぽいコミカルさのあるボーカルが絡む、ポップでかわいらしいミニアルバム。


石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ (RHYTHM TRACKS)

石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ

石橋英子(PANICSMILE, MONG HANG)とアチコ(KAREN, ex. On Button Down)の仲良し2人組によるピアノ+ボーカルユニット。音数は少なくてシンプルなんだけど、独特な世界観に魅了されてしまいます。歌詞は全部日本語なのに、なぜか洋楽を聴いているような錯覚に陥る作品。


Electrelane / No Shouts No Calls (too pure/Beggars Japan)

Electrelane / No Shouts No Calls

Fuji Rock Festival ’07にも出演したイギリスのガールズバンド4th。演奏は下手なんだけど、荒削りなギターと綺麗なコーラスが気持ちいい。メロディーのセンスも抜群にいい。演奏力よりセンスが大事なんだと改めて感じさせられた一枚。


いなかやろう / いなかやろう (Headache Sounds)

いなかやろう / いなかやろう

東京で活動しているのに「いなかやろう」という名前のバンドの1st。メロディーは暖かく、演奏は時にパワフル、そしてユーモアも忘れない。アンダーグラウンド音楽が好きな層だけに向けられた音楽ではなくて、普遍的なポップさがあるバンドだと思います。


bogdan raczynski / alright! (rephlex)

bogdan raczynski / alright!

bogdanの5年ぶりの新作。この人としては特別新しいことをやっているわけではないと思いますが、2007年の音源として十分刺激的なことをやっていると思う。AFX、Rephlexあたりのキテレツエレクトロニカのファンは必聴。


PANICSMILE / BEST EDUCATION (RHYTHM TRACKS)

PANICSMILE / BEST EDUCATION

皆さん予測されてるとは思いますがこれもベストに入れさせていただきます。PANICSMILE 6th。パニスマはアルバムごとに作風が違うのですが、今作は今までで最も「ポップ」で「変」なアルバム。吉田さんの皮肉に満ちあふれた歌詞も絶好調。パニスマはとにかく好きなんです。


toddle / Dawn Praise the World (world wide waddle)

toddle / Dawn Praise the World

こちらも皆さん予測されてるとは思いますがベストに入れさせていただきます。toddle 2nd。1stの延長といった作品ですが、歌唱力と作品の幅がレベルアップしてる気がします。toddleはとにかく好きなんです。

CD購入記録

  • DE DE MOUSE / tide of stars SPECIAL EDITION (ExT Recordings)
  • いなかやろう / いなかやろう (Headache Sounds)

名古屋駅の近鉄のタワレコにて。

いなかやろう1stは買おうと思ってて忘れてたので購入。いなかやろうは名前はあんまかっこよくないですがめちゃくちゃいいバンドなのでもっといろんな人に聴いてほしいです。ほどよいオルタナ的ラウド感もありつつ素朴であたたかい歌ものバンド。

今流行りのDE DE MOUSEは、ダサ懐かしい80年代エレポップ風な甘すぎるメロディーがちょっと好きになれなくて買わずにいたのですが、改めて試聴してみたらやっぱよかったから買った。DE DE MOUSEのライブは去年1度見たのですが(XINLISUPREMEが東京に来たとき)、キレイでメロディアスな曲に汚いがなり声をのっけて自分で自分の曲を積極的にぶちこわすところがかっこいいと思いました。

[ALTERNATIVE ELEKI-TOWN FES. 3DAYS] @CLUB GOODMAN

いなかやろう / 石頭地蔵 / スッパマイクロパンチョップとでんでんむし / 突然段ボール / PANICSMILE

続きを読む

sidebar_start