2013年ベストディスク

Happle / ドラマは続く (MINE’S RECORDS)

Happle - ドラマは続く

一番聴いたのはこれ。いなかやろうの活動休止から3年、メンバーも1人減って3人組となったHappleの1stフルアルバム。いなかやろう時代よりも音数が削られてよりシンプルに、そしてより大人っぽくなった良質ポップス。9月のレコ初ワンマン(前座は1夜限りの復活いなかやろう!)もすばらしかった。次はラップ曲もぜひ音源化してほしいところ。


白い汽笛 / 私たちの街 (こんがりおんがく)

白い汽笛 / 私たちの街

これもよく聴いた。大阪のこんがりおんがく(neco眠る森さんなどがやっているレーベル)発の3人組。東京の七針界隈(mmm, oono yuuki, 王舟等)とも縁が深いようです。音源だと最高にゆるいけど、「レゲエ」あたりはライブで見るとパワフルに盛り上がってた。うたものもいいけど、時折出てくるインスト曲がすごくいい。


大森靖子 / 魔法が使えないなら死にたい (PINK RECORDS)

大森靖子 / 絶対少女 (PINK RECORDS)

大森靖子 / 魔法が使えないなら死にたい 大森靖子 / 絶対少女

豊田道倫直系の赤裸々系SSWというポジションだったのが、もともとのハロプロファンぶりと昨今のアイドルブームがあさっての方向に作用して、Tokyo Idle Festivalに出たりして大活躍の大森さん。アルバムも2枚ともよく聴いた。ジャケが表すとおり、「魔法〜」は暗め、「絶対少女」は明るくてポップ。音源だとバックは打ち込みだったりバンドだったりするけど、ライブでギター一本でやってるときが一番引き込まれる。


my bloody valentine / m b v (mbv Records)

my bloody valentine / mvv

来日ツアーを前に突如発表された、まさかのマイブラの22年ぶりの新譜。音が悪いとか新鮮味がないとかいろいろ言われてたけども、やっぱりほんもののマイブラがちゃんと新しい音源を世に出したというのはすごいことだったと思う。


正直2013年リリースの音源でちゃんと聴いたのって20枚もいかないので、ベストディスクとかいうのも図々しいけども恒例行事なのでいちおう選びました。2013年は子供が生まれたので、CDもあんまり買わなかったし、ライブ行く回数もだいぶ減った年でした。

音楽関係で印象に残った出来事で言うと、昔から知ってるSatanicpornocultshopとか佐伯誠之助とかMachinedrumあたりがJuke/Footworkシーンで話題になったりしてるのを見て、「音楽を長いこと追ってると予想もつかないことが起こって面白いな〜」と思いました。Planet-muがJukeの代表的レーベルになってたりとかして、ダンスミュージックは流行り廃りが激しいなーと改めて実感。

Related posts

  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
  1. avatar
    • ゆりか
    • 2014/01/01(水) 18:56

    私も、白い汽笛はよく聴きました。癒されるよねー。いなかやろう人数減ったんだね。知らなかったよ。

  2. avatar

    Happleは、いなかやろう時代からのベースの中田さんが抜けちゃったんだよ。
    白い汽笛はライブが思ってたよりだいぶよくて感動しました。

コメント 停止中

sidebar_start