[NESS × PARA] @HIGH

PARA / NESS feat. 大槻ケンヂ


高円寺HIGHの企画。会場に入ると超満員でドリンクカウンターに辿り着くのも一苦労。今まで見たPARAのライブで一番混んでたんじゃなかろうか。あとでネットでライブの感想を探してみると、NESSファン/PARAファン双方とも「いつもと客層違った」って書いてたので、あまりファン層がかぶってなくてどっちもそこそこ人気あったバンドが共演した上に、ゲストの大槻ケンヂが発表になったのでこんなパンパンに入ったのかなあと想像。とにかく過酷な環境でした。

[PARA]

キーボードの家口さんが事故渋滞のため会場に辿りつけず、4人での演奏。キーボードは音数が多いので、けっこう曲の雰囲気変わってて、ちょっととっつきにくくなってたような(以前YOSHITAKE EXPEが欠席のライブもあったけど、ギターは単音弾きがほとんどなのでそこまで変わったようには思わなかった)。この日はNESS目当てでPARAは初見の人も多かったようなので、そういう人たちにどう聴こえたんだろうか?とちょっと気になった。何度も見てる僕としては、ギターの音がよく聴こえてこれはこれでおもしろいなあという感じでしたが。

セットリストは下記の5曲。

  1. Pastral
  2. (ミラージュ)
  3. M/O
  4. Corinto
  5. Arabesque

[NESS]

ケラ&ザ・シンセサイザーズ、FLOPPY、筋肉少女帯等のメンバーが集まった4人組。ナゴムとかを追っかけてたファンが多いのか、お客の年齢層はちょっと高めで女性が中心でした。変拍子を多用したインスト曲(たまにボコーダーを通したボーカルあり)をやってましたが、PARAの複雑な曲を聴いたあとだから、すごく真っ当というか、ちゃんとした曲をやっている感が強かったです。途中ゲストに大槻ケンヂが出てきて2曲ほど歌ってました。しかし、曲はともかくとして、完全にホームな感じで和気あいあいと繰り広げられるMCがきつかった。実際NESS/大槻ケンヂファンのほうが多かったみたいだし、前方のお客はすごく受けてたけど、みんな自分たちのファンみたいな感じであんなに長々としゃべられても困る。人も多くて疲れたので、途中で帰ってしまいました…。同日幕張メッセでやっていたFREEDOMMUNEとハシゴする人もいたのか、PARAの出番の時のほうが人は多かった気がする。

ネットで得た情報によると、アンコールでは山本精一と大槻ケンヂが出てきて演奏していたらしい。それだけはちょっと見たかったな。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start