2012年ベストディスク

oono yuuki / TEMPESTAS (kiti)

oono yuuki  / Tempestas

oono yuukiバンドの2nd。これだけ発売を楽しみにして、発売した後食い入るように聴いたアルバムはけっこう久々かもしれん。とにかくよく聴いた。2012年の4月に初めてライブを見て、想像を超えるかっこよさにびっくりして、それ以来すっかり夢中です。メロディアスでハードコアな大所帯インストで、高校の吹奏楽部のような青臭さと汗臭さとを感じさせるところが、僕にとっては初期NATSUMENを思い起こさせます(最近のNATSUMENも最高だけど、どんどん筋肉質になってきて高校生感は薄れたと思う)。


cero / My Lost City (カクバリズム)

cero / My Lost City

今や大人気のceroの2nd。1stよりもライブ寄りというか、盛り上がる曲が多くてよく聴いた。2012年前後から周りの音楽好きの人たちがこぞってceroをほめていて、時の人なんだなーと思いました。”マウンテン・マウンテン”や”Contemporary Tokyo Cruise”のアンセム感がすごい。


NRQ / のーまんずらんど (MY BEST!)

NRQ / のーまんずらんど

NRQ 2nd。メンバー全員手練揃いなんだけど、個人的にはやっぱり吉田悠樹の二胡が最高。気難しそうに見えるドラムの中尾さんが意外と陽気な人らしいとわかったのも2012年の収穫でした。タイトル曲は牧野琢磨ソロ名義でDIY FUKUSHIMA!で発表された曲のNRQバージョン。


3枚ともMC Sirafuが参加している音源で、並べてみるとずいぶん狭い範囲から選んだ感じになってしまいました。でもやっぱりこの界隈は今すごく面白いと思います。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start