東北地方太平洋沖地震から1年

もう1年か経ちました…。あの日のことは今でもけっこうよく覚えてるので、地震当日の日記を書いてみます。多少の記憶違いもあるとは思いますが、当日感じたことの記録ということでご容赦ください。


2011日3月11日(金)14時46分は、僕はいつものように会社で仕事中でした。だいたい午後の2時台というのはやたらと眠いことが多く、この日も眠気をこらえながらぼーっとパソコンの画面に向かっておりました。そこにあの揺れ。「あ、地震」と呑気に思ったのもつかの間、今までに経験のないデカい揺れ。しかも長い。周りの人たちも「やばい、やばい!」と口々に言い始めた。揺れ始めて程なくしてビルごと停電。すぐに非常用電源に切り替わったけど。うちの会社は災害対策に力を入れていたためか、とくに物が落ちたり棚が倒れたりの被害はなかったものの、相当にびびった。

別のフロアに荷物を置いていたため携帯電話が手元にないし、ネットも繋がらないから状況が全然わからない。「揺れの大きさからして多分かなり強い地震がどっかで起こったはず。震源はどこだろう。まさか東海地方か…」と実家方面の心配をする。近くの席の人がワンセグでテレビを見て「宮城が震度7らしい」と言っていて、震源が東海地方ではないことを知り不謹慎にも少しほっとする。しばらくすると社内の無線LANが復旧したので、ニュースサイトやGoogleのリアルタイム検索(当時はGoogleでTwitterの検索ができた)で地震関連の情報を見る。津波がすごいと知るが全然実感わかない。そんなことをしてる間もひっきりなしに余震で揺れてる。僕はもう仕事のことなんかすっかり忘れて、どうやって帰ろうか、徒歩か…などと考えていたんだけど、近くで先輩が「これじゃあ3時からの打ち合わせ中止だよなー」と言ってるのが聞こえてきて、その仕事人魂に感服した。

会社から待機の命令が出ていたのでしばらくは上記のようにネットで情報を見つつ社内にとどまって、「帰れる人は帰ってください」と言われた16時頃に会社を出発。電車は全く動き出す気配がないのでもちろん徒歩。地図を確認すると会社から自宅まで12kmくらい。2時間半くらいで着くかと思いつつ歩き出す。特に建物が崩れているでもなく、火事があるでもなく、街の様子は至って静かなものでした。途中駅の近くを通りかかったので中の様子を見てみると、改札付近に行き場のない人が大量にたまっていた。飲み物でも買おうと近くのコンビニも覗いてみたけど、店内を1周するくらいの行列ができていたので、あきらめてまた歩き続ける。横目に見える車道は大渋滞だけど、バスが時折走ってるのが見える。バス停付近を歩いていたときに運良く自宅最寄り駅行きのバスが来たので急いで乗り込む。渋滞で時間はかかったけど、まあ歩くよりは楽なので助かった。駅前の店は開いてたり閉まってたりいろいろでしたが、よく行くラーメン屋は普通にやっていたので、ラーメンを食して19時頃帰宅。

帰り道にいちおう家族(奥さんと実家)にメール。電話は繋がらないだろうと思ってあきらめた。奥さんから全然返信がないので大丈夫かなーと心配していたら、全然知らない番号からの着信通知が。あーこれは奥さんが私用携帯を家に忘れて会社の携帯から連絡してきとるなと思ったらやっぱりそうだった。その後ショートメールで「バスの行列に並んでいる」との連絡を受けとりあえず一安心。

自宅もとくに家具が倒れたりといった被害はなし。テーブルの上に置いたティッシュ箱等の軽いものが床に落ちていたくらい。しかしテレビやネットでは東北のとんでもない惨状が伝わってきて気が気でない。都内の帰宅困難者のニュースもやっている。奥さんはバスがあまりに動かないので家まで歩いているらしい。身の回りにたいした被害は出ていないのに、今まで(阪神大震災の時とか)感じたことのない、「災害の中」にいる気持ちになった。関東の人が多い僕のTwitterのタイムラインも地震関連のツイートばかりで、関東以外の人たちはすっかり黙りこくっている。原発のニュースが出始めたのも見たけど、あまりに不安を煽るような言い方が多すぎて「また大げさに言いやがって…」と辟易し、何人かのフォローを外す。実際は数日後に爆発して血の気が引く思いをすることになるわけですが、このときは「まあ何とかなるだろう」と思っていたのです…。

深夜12時近く、ようやく奥さんが帰宅。海岸に数百人の遺体が打ち上げられている、などといった悲惨な情報が次々に出てきて、夜通しテレビを見ていたい気もしたのですが、たぶん被害の全貌は夜明けにならないとわからないだろうと思い、とりあえずこの日は就寝。


3/11の過ごし方はこんな感じでした。地震発生後最初の3日くらいは音楽も聴かず、ずーっとテレビとネットにかじりつきで不安な日々を過ごしていた気がします。結局輪番停電も経験しなかったし、親戚知人で被災した人もいなかったし、1ヶ月もすればだいぶ平常心に戻っておりましたが…。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start