Jesus Fever / lemniscate

Jesus Fever / lemniscate
  • Year: 2010
  • Label: JUNK Lab Records / green records

1998年の1stアルバムから12年、幻と言われたJesus Feverの2ndがついに出ました。4月に先行発売された4曲入りCD−R”lemniscate 1″の収録曲から”see you again”をのぞき、代わりに”Transit State”, “Unseen”を加えた全5曲。ほんとうは6曲入りにするはずがCDの容量が足りなかったようで、CDを買うと未収録曲のダウンロードキーが付いてきます。また、CD以外にも、ototoyのダウンロード販売では48kbps/24bitの高音質wavファイルの形式で購入できます。

2002年に録音されたというこの音源、8年後の今聴いても全く古びていません。音数を絞っていて一見地味なように聴こえるけど、聴けば聴くほど染みる雄大な音世界。仙人の境地のような音楽。なんとなくJesus Feverの音を聴くと「緑」の風景が浮かぶことが多かったので、今回のジャケも音にぴったりだと思いました。

FMN石橋さんの解説、様々な人がコメントを寄せた“Our Favorite J.F.”も併せて読むとより味わい深くなること請け合い。

以下、思い出話。

JFのことを知ったのは、2000年にTag Ragから出た”Raggle Taggle2”というコンピレーション盤(JFのほかにもKirihito, Onoff, Nasca Carなどが収録されていて、その後の僕の音楽の聴き方に大きな影響を与えた作品)でした。音源を聴いただけの段階ではものすごく好きという感じではなかったのですが、翌年名古屋クラブクアトロで見たライブで決定的に好きになりました。演奏は2曲20分足らずの短いものでしたが、JFの魅力は十分に伝わったのでした。その後夏休み中に京都にJF企画のイベントを見に行ったりもしました。このときはたっぷり見れてよかった。対バンのgolden syrup loversも好きだったなあ。

結局僕が生で演奏を見ることができたのはその2回だけでしたが、その後チャイナさんが亡くなって完全に活動がストップした後も、JFは僕の中では別格な存在でした。そんなJFの新譜が今聴けて僕はほんとうに嬉しいです。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start