[NO MARK vol.21] @UNIT

SuiseiNoboAz / neco眠る / rega / group_inou


日曜は代官山UNIT。お目当ては主にneco眠るだけど、前から気になってたボアズ、久々に見るgroup_inouも楽しみにしてました。この日は前日とは打って変わって若い客層で、折り込みのフライヤーも若々しいバンドがたくさん載ってました。フロアは超満員。

[SuiseiNoboAz]

1番手SuiseiNoboAzは後期ナンバーガールを思わせるような雰囲気もあるバンドでした。前半はいまいち来なかったけど途中からぐいぐい引きつけられました。とにかく演奏が上手くて、決めるところがびしっと決まっていてかっこよかった。nhhmbaseあたりに通じる雰囲気も少しありつつ、もっとポップな感じでした。

[neco眠る]

2番手がneco眠る。先ほどの緊張感あふれるボアズの演奏と比べるとよくも悪くもゆるさがありましたが、期待どおり踊れるライブでした。ラストのEngawaで踊りまくるフロアを見て、坂本渉太作のPVの盆踊りの映像が浮かびました。この曲の爆発感はやばい。

[rega]

3番手はrega。この日唯一、名前も知らないバンド。愛媛のバンドらしい。ダンスっぽいインストバンド。東京のバンドならクールに決めそうなプログレ/ジャム系の雰囲気もありつつ、メロコアっぽい熱さも感じさせる演奏でした。とにかく熱い。「今日はぶちかまします!」とか、MCも熱い(ちょっとださい(笑))。相当盛り上がってて、あー人気あるんだ、と思ってたらこのバンドはVictor傘下のレーベルからデビュー済らしい。恥ずかしながら知らなんだ。覚えました、rega。

[group_inou]

で、トリがgroup_inou。前にDEERHOOFの前座で見て以来。この前は外タレの前座なのでアウェー感がありましたが、この日は完全ホーム。お客の大半がinou目当てっぽく、とにかくものすごい盛り上がり。1曲目から跳ねる跳ねる。音は打ち込みなのに、フロアは完全にロックバンドのノリでした。こんなに盛り上がってるinouのライブ初めて見た。こんなに人気があったとは…。若干戸惑いつつもテンション上がった。”Status”→”PR”と古い曲から始まり、その後はFAN収録曲と新曲を織り交ぜてやってました。昔の曲もキックがぶっとくなってたりとアグレッシブさが強調されてました。後半はBPM早めの4つ打ちの曲を連続してやって、最後は”Maybe”で締め。この曲はライブだと最高にかっこいいんだけど音源がいまいちなので、ライブ盤出してほしい。

今の若者の趣向がなんとなくわかったような気がしたイベントでした。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start