[electraglide presents Warp20 (Tokyo)] @幕張メッセ

Room9

DJ Yogurt / Hudson Mohawke / !!! / Steve Beckett / Battles / O.N.O / Chris Cunningham Live / rei harakami / LFO

Room11

dot i/o / Fumiya Tanaka / Clark / Andrew Weatherall / Flying Lotus /


electraglide presents WARP20周年祭 @幕張メッセに行ってきました。

久々のエレグラなのにメインがbattlesと!!!という、あんまりクラブイベントっぽくないメンツなので集客どうなんだろうと思っていたら、蓋をあけてみれば大盛況。人多すぎ。トイレ、ドリンク、フードの行列長過ぎ。幕張はいつもトイレ並ぶけど、今年はとくにすごかった気がする。

今回のイベントは幕張メッセのホール9〜11を使った2ステージ構成。僕は見たのはHudson Mohawke(最後の方だけ)→!!!(全部)→Battles(全部)→Andrew Weatherall(中盤ちょこっと、寝ながら)→Chris Cunningham Live(全部)→rei harakami(寝ながら)→LFO(前半ちょっと)、という流れ。ほぼメインステージしか見ず。

Hudson Mohawkeは最後の方しか見れなかったけど結構よかったですが、ちょっと地味だし音質いまいちだった気が。!!!は盛り上がった。初めて見たときの衝撃はやはりなかったですが、踊れた。すごく楽しみにしてたBattlesが音小さすぎ&新曲多すぎで盛り上がりきれず、少し残念でした。そのあとのChris Cunninghamとか異様に音でかかったのになんでBattlesだけ。唯一サブステージに行ったときにはAndrew Weatherallが回してましたが、眠くてほとんど寝てた。このステージは照明効果がどぎつくてくらくらした。あのストロボとか、なんかの発作とか出てた人がいたんじゃなかろうか。Chris Cunninghamは3スクリーンとレーザーを使った視覚効果+音楽を合わせた作品という感じ。2005年のエレグラと同じネタが多かったですが曲や映像にアレンジが加えてあって楽しめました。突き抜けたエログロ。やっぱりすごいセンス。Rei Harakamiは曲はいいけどMCが多くて興ざめ。なぜあの音楽性でMCであんなに声を張ってしゃべるのか。LFOはBPM早めでかなり攻撃的な音で楽しそうだったんですが明け方の5:00スタートであれはきつい…。もっと早い時間にやってほしかった。早々に退散。

まあ楽しかったけど、いろいろ残念感が漂うイベントでした。次回はもっと運営をしっかりしてほしい。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start