[SUMMER SONIC 09 DAY 3] @千葉マリンスタジアム&幕張メッセ

GRIZZLY BEAR / THE VASELINES / TEENAGE FANCLUB / ユニコーン / SONIC YOUTH / THE FLAMING LIPS ほか


3日間開催のSUMMER SONIC 09の2日目を飛ばして3日目に行ってきました。お目当てはやっぱりSONIC YOUTH。

この日は風邪もなおり体調は万全。やっぱり元気な体の方が楽しめる。この日見たのは、GRIZZLY BEAR(最初除いてほぼ全部)→THE VASELINES(全部)→TEENAGE FANCLUB(頭だけ)→ユニコーン(ほぼ全部)→SONIC YOUTH(全部)→THE FLAMING LIPS(全部)という流れ。

会場入りするとちょうどお笑いステージにビーグル38が出てきたので見る。「それはキミ、エアロスミスやないか…!」がめちゃくちゃ受けてた。

GRIZZLY BEARはゆったりした美メロ+ときどき轟音ギターなバンド。心地よい。座ってのんびり見る。

VASELINESは曲名がわかるのが”Son Of a Gun”と”You Think You’re A Man”くらいしかないんだけど、超ポップな曲+ヘナっとした演奏+うるさいギターが僕のドつぼで、すごくよかった。奥さんがCD持ってるのであとで改めて聴こうと思った。

TEENAGE FANCLUBは1曲だけで泣く泣く移動し(“BANDWAGONESQUE”かなり好きなんです)、雨の中千葉マリンスタジアムまで移動してユニコーンを見に。皆が思っている以上に僕はユニコーンが好きです。なんとか屋根のある席にたどり着いた頃にはすでに”服部”は終わってしまってましたが、その後の”すばらしい日々”→”WAO!”→”ヒゲとボイン”→”大迷惑”の流れがすごかった。フェス向けに惜しみなく盛り上がる曲を持って来ててよかった。SONIC YOUTHに備えラストの曲の途中で移動。

SONIC YOUTHは新作”The Eternal”の曲がほとんど(それ以外のアルバムの曲は合わせて3曲くらい)でしたが、ラストが”Death Valley ’69”!! ライブで初めて聴いたので感動。ソニックユースは新作出すとほんとに新作の曲ばっかりやるんだけど、フェスではもう少し旧曲もやってほしいなあと前から思う。でもやっぱりかっこよかった。

締めは初見のFLAMING LIPS。ライブがすごいと聞いてはいたものの、女性の股間の映像からメンバー登場→1曲目”Race for the Prize”で風船飛びまくり&紙吹雪ブシュー、の冒頭で完全に持って行かれた。客の盛り上がりもすごかった。あまり曲を知らない僕でも十二分に楽しめた。ステージ両脇のきぐるみダンサーズとか、叩くと光る銅鑼とか、スクリーンの映像とかの音楽以外の仕掛けの多さに曲が負けてないのがすごい。大衆性とマニアックな変態性がちゃんと両立してて、なおかつ多幸感が前面に出てて。感動した。余談ですが、リップス待ちのときのフロアには、PANICSMILE吉田さん、Bossston Cruizing Mania鹿島さんたちの姿も。

今年が初のサマソニだったわけですが、見たライブはほとんど全部よかったし、環境も快適だったし、相当よかった。というか今年のサマソニはメンツがツボすぎた。わがままながらフジも来年はこれくらいやってよ!と思う。宿の確保の心配がいらないので直前まで行くかどうか迷っても平気だし(売り切れのリスクはありますが)、来年もメンツ次第では行きたいです、サマソニ。やっぱり僕は都市型フェスが向いているのかもしれない…。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start