2007年ベストディスク

SALADABAR / RESORT BOMB (Kimica Records)

SALADABAR / RESORT BOMB

2007年一番よく聴いたのはこれかな、と。あくまでマイペースを貫く東京アンダーグラウンド界の中堅・SALADABARが8年ぶりに制作した2ndアルバム。変拍子プログレとハワイという相反する要素が同居してるのが新鮮。小難しさ0で楽しめた。


俺はこんなもんじゃない / 2 (漫想社)

俺はこんなもんじゃない / 2

東京の5人組・俺はこんなもんじゃないの2nd。プログレ、ジャズ、民族音楽等の要素がごちゃごちゃに混ざってどこにも無いような音になってます。メンバー5人全員が対等に渡り合ってる感じのアンサンブルが好きです。


CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC (ExT Recordings)

CHERRYBOY FUNCTION / SOMETHING ELECTRONIC

クラブ系だとやっぱりこれがよかった。Transonicの永田一直の新レーベルから出たCHERRYBOY FUNCTIONの1stアルバム。4つ打ち系の音源はあまり聴かないのですが、これははまった。この人はリズムの組み立て方がすごくうまいと思う。アルバム全体としてはちょっと地味な印象もありますが、ラストの"The Endless Lovers"は超名曲。


スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 (Lastrum)

スマーフ男組とSPACE MCEE’Z / WUKOVAH SESSIONS (WUKOVAH)

スマーフ男組 / スマーフ男組の個性と発展 スマーフ男組とSPACE MCEE'Z / WUKOVAH SESSIONS

これは2枚で1つということで。前身のADSの解散から10年、ようやく出たスマーフ男組の1stアルバムと、MC2人を加えて録音されたスタジオセッション盤。エレクトロやヒップホップへの愛がユーモアたっぷりに表現されています。スマーフの3人のセンスの良さ、そしてこれを10年以上やってきたという歴史に感服。


Gellers / Gellers (compare notes records)

Gellers / Gellers

今や時の人であるトクマルシューゴの在籍するバンドの1st。3人のリードボーカルが曲ごとに入れ替わり、やんちゃに暴れ回ってます。基本的にポップなんだけど、やたら叫んだりする曲もあったりして、なんだかとりとめの無い感じのアルバム。こういう作品をリアルタイムで聴けたのは幸運だったと思う。


miami / Good Morning Playground (POPLOT)

miami / Good Morning Playground

2007年はPerfumeがものすごく話題に上った年だったと思いますが、個人的にはmiamiのことも忘れないでほしいです。ガールズテクノポップのローファイ側筆頭。テクノなトラックに、子供向け漫画っぽいコミカルさのあるボーカルが絡む、ポップでかわいらしいミニアルバム。


石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ (RHYTHM TRACKS)

石橋英子×アチコ / ロラ&ソーダ

石橋英子(PANICSMILE, MONG HANG)とアチコ(KAREN, ex. On Button Down)の仲良し2人組によるピアノ+ボーカルユニット。音数は少なくてシンプルなんだけど、独特な世界観に魅了されてしまいます。歌詞は全部日本語なのに、なぜか洋楽を聴いているような錯覚に陥る作品。


Electrelane / No Shouts No Calls (too pure/Beggars Japan)

Electrelane / No Shouts No Calls

Fuji Rock Festival ’07にも出演したイギリスのガールズバンド4th。演奏は下手なんだけど、荒削りなギターと綺麗なコーラスが気持ちいい。メロディーのセンスも抜群にいい。演奏力よりセンスが大事なんだと改めて感じさせられた一枚。


いなかやろう / いなかやろう (Headache Sounds)

いなかやろう / いなかやろう

東京で活動しているのに「いなかやろう」という名前のバンドの1st。メロディーは暖かく、演奏は時にパワフル、そしてユーモアも忘れない。アンダーグラウンド音楽が好きな層だけに向けられた音楽ではなくて、普遍的なポップさがあるバンドだと思います。


bogdan raczynski / alright! (rephlex)

bogdan raczynski / alright!

bogdanの5年ぶりの新作。この人としては特別新しいことをやっているわけではないと思いますが、2007年の音源として十分刺激的なことをやっていると思う。AFX、Rephlexあたりのキテレツエレクトロニカのファンは必聴。


PANICSMILE / BEST EDUCATION (RHYTHM TRACKS)

PANICSMILE / BEST EDUCATION

皆さん予測されてるとは思いますがこれもベストに入れさせていただきます。PANICSMILE 6th。パニスマはアルバムごとに作風が違うのですが、今作は今までで最も「ポップ」で「変」なアルバム。吉田さんの皮肉に満ちあふれた歌詞も絶好調。パニスマはとにかく好きなんです。


toddle / Dawn Praise the World (world wide waddle)

toddle / Dawn Praise the World

こちらも皆さん予測されてるとは思いますがベストに入れさせていただきます。toddle 2nd。1stの延長といった作品ですが、歌唱力と作品の幅がレベルアップしてる気がします。toddleはとにかく好きなんです。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start