[V∞re-Sonic Sakura Bloom Tour 2007] @Studio Coast

V∞REDOMS / SONIC YOUTH


ボアダムズとソニックユースのスプリットツアー東京編。チケットは売り切れということで、会場のStudio Coastはかなりの人出でした。平日だったので、仕事の後スーツで来る人もけっこういました。

[V∞REDOMS]

まずはボアから。例によってYOSHIMI、YO2RO、SENJU(PARAの千住宗臣さん)の3人がドラム、その中心にEYEという4人構成。…だと思ったら、ステージ後方に設置されたネックが7本付いた特殊なギターの後方にDMBQの増子さんらしき人の姿も見えました。5人編成になったのかとも思いましたが、増子さんはギターのチューニング(?)か何かをしているだけで演奏はしてないっぽかったです。ライブ後半はいなくなってたし。ライブは5曲くらいやって50分くらいだったかなあ。知らない曲が続いて、最後はBOREDOMS時代に音源を出した「SUPER GO!!!!!→shine in shine on」。EYEがドラムセットを崩さないように気を使ってダイブしてるところが微笑ましかった。90年代の頃のようなとげとげしい危険な雰囲気はなくなったようですが、でも唯一無二なバンドであることは間違いないと思う。言葉で表すとしたら、野性的でシャーマニスティックな感じを前面に押し出したミニマルなロック、って感じかなあ。ただ、音楽的にそこまですごいかといったら、微妙なところはある。雰囲気とか全部込みでライブを楽しむバンドかと。

[SONIC YOUTH]

続いてSONIC YOUTH。転換時のジム・オルークと誰か知らない人が2人でDJをやってました。そしてソニックユースの4人+サポートのベーシスト(後で調べたところによると、元PavementのMark Iboldらしい)がステージへ上り、演奏開始。1曲目は「Daydream Nation」収録の「Candle」でしたが、その後はほとんど去年出た「Rather Ripped」の曲でした。アンコールは2回あり、2回目はジム・オルークが入っての演奏でした。本編は去年のフジロックで見たときと同じようなセットでした。今回はボアとのスプリットツアーということで、通常のレコ発ツアーとは違う感じで新旧いろんな曲をやると思って期待してたので、ちょっと肩すかしをくらった気分でした。でもやっぱ「Incinerate」とか「Pink Steam」あたりの曲は好きなので盛り上がったし、久々に「Silver Rocket」聴けたしよかった。25年以上やっていながらあのインディー感を醸し出せるところはやっぱすごいと思う。サーストンの出っ張ったお腹ですらかっこいいと思えるくらい、僕の中では「かっこいい音楽」の一つの基準になっているようなバンドなのでやっぱ生で見れてよかったです。

以下この日のソニックユースのセットリスト。

  1. Candle
  2. Incinerate
  3. Reena
  4. Mote
  5. Do You Believe In Rapture?
  6. Turquoise Boy
  7. What a Waste
  8. The World Looks Red
  9. Rats
  10. Jams Run Free
  11. Pink Steam
  12. Or

(アンコール1)

  1. Bull In The Heather
  2. Silver Rocket

(アンコール2)

  1. Stones
  2. Shaking Hell

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start