[ボロフェスタ ’05] @京大西部講堂&西部講堂前広場

EeL×MILCH OF SOURCE a.k.a. MILKY-CHU / MONG HANG / YOUR SONG IS GOOD / シゼンカイノオキテ / ANATAKIKOU / RAZORS EDGE / Riow Arai / LOVES / NUMBERS / ふちがみとふなと / BEAT CRUSADERS / Limited Express (has gone?) / KA4U / ムッシュかまやつ


ボロフェスタ2日目。この日は晴れた。よかった。

この日最初に見たのは西部講堂ステージのMONG HANG。一度ライブを見てみたいバンドでした。ビークルにも参加しているケイタイモ、PANICSMILEの石橋英子(モンハンではCHO-KAN名義で参加)を含む6人組。王様のような格好をして意味不明な言語で歌い叫ぶボーカルの人の存在感がすごすぎ。曲によっては振り付けもあったりしてとにかくバカバカしいステージングなんだけど、演奏は激上手いド変態プログレバンドでした。石橋さんは、パーカッションの人と入れ替わりながらもキーボード/鉄琴/フルート/ボーカルをめまぐるしく移動するマルチプレイヤーっぷりを発揮してました。お客を笑わせつつ圧倒する非常にエンターテイメントなバンドでありました。

モンハンの後しばらく見たいものがなかったので、京大近くのハンバーグ屋で昼食をとる。安い割に量の多い店だった。

で、会場に戻ると野外ステージでRAZORS EDGEの演奏が始まるところでした。ステージ近くにPIZZA OF DEATHのTシャツを着たお客がいたのでそういう系のバンドなのかなあと思ってたらやっぱそんな感じで、早めのビートで勢いよくはじけるパンクバンドでした。客のTシャツ見ると、知らないバンドでもなんとなく音の想像がつくのは面白いなあと思いながら遠目で見てました。

で、RAZORS EDGE終了直後に野外特設ステージでRiow Araiのライブが開始。この人のライブ見るのもけっこうひさしぶりだなあ。見た限りではCDJとミキサー、カオスパッドでやっていたように思う。地味っちゃ地味なんだけどこの人の出すビートはほんとかっこいいなあと思いました。踊れた。

それから野外ステージでNUMBERS。サンフランシスコからやってきた3人組。2月に見て以来2回目のナンバーズ。1曲目が「Time Story」っていう、新しいアルバムの中でもかなり地味目な長尺の曲だったんで、最近はこういう感じでやってるのかなあとも思ったんですが、その後は「Beast Life」「Insomnia」「I’m Shy」「Go To Show」など、勢いのある踊れる曲を中心にやってました。ナンバーズはやはりCDよりライブの方がパンクでかっこいいです。あのシンセベースの音が気持ちよすぎる。前見たときよりこの日のライブの方がよかった。

その後西部講堂に移動し、BEAT CRUSADERS。最近はMステに出たりしてかなり人気者のビークル、やはり客は多かったです。ステージにメンバーが登場すると同時に客席からは黄色い声援が飛び交ってました。音の方は、つかみ所だらけの超ポップなメロディーにパンク/エモ系の演奏。MCはちょいアイドルっぽくて馴れ合ってる感じがちょっとして、うーんって感じだったけどやっぱ曲はかっこいい。マシータ(NATSUMEN)のドラムもかっこいいし。ボーカルのヒダカ氏は客におまんこコールをさせたりしてた。女性客だけに言わせたりしてて。それを楽しそうに言ってる女性客もどうかと思いましたが。全体としてはけっこう楽しめたライブですが、メンバーチェンジ後の曲が大半だったので、もっと古い曲もやってほしかったなあ。

続いて野外に移動してLimited Express (has gone?)。何度もライブを見てるバンドですが、僕が今まで見た中では一番規模の大きいステージでやってました。客の数も一番多かった。そんなことは特に関係なく、ライブはいつも通りのはじけっぷりでした。ゆかりちゃんはちょっと気持ち悪いくらいに笑ってて(誉めてます)、演奏中のみならずMCでも笑いっぱなし。好きなバンドなんで楽しいのは楽しかったんだけど、正直最近のリミエキの曲は変則的すぎて僕はあんまり乗り切れなかったりします…。1stの曲が好きなんだけど、「アロハ!」くらいしかやってなかったし。「SPY」とか「Lavo」とか「鮫肌」も聴きたかった。

リミエキ終了後、野外特設で始まったのがKA4UのDJ。MIDI祭を主催してる人ですね。電球がいっぱいついたマスクを顔につけ、スパイダースやマンボNo.5、メルトバナナなんかに高速のブレイクビーツをかぶせたりするバカDJでした。聴いたこと無い人には、SHIRO THE GOODMANからレゲエを抜いた感じって言えばわかりやすいでしょうか?とにかく踊れた。楽しい。

KA4Uを適当なところで切り上げ、この日の西部講堂のトリであるムッシュかまやつを見に。西部講堂は満員。ビークルのときよりもさらに多かった。バックバンドにははの気まぐれを引き連れ、スパイダースの曲とかビートルズやキンクスのカバーをやったりしてました。あと、「せっかくだから君らの曲もやってよ」とか言って、ははの気まぐれの曲も1曲やらせたりしてた。と言うか、僕ムッシュのこと甘く見てたわ、予想以上にかっこよかった。新規性はないけど、王道なロックでした。昨日のトリの曽我部恵一バンド同様、ボロフェスタのトリにふさわしい演奏だったと思います。

以上でボロフェスタ2日目終了。この日のベストアクトはNUMBERS。次点はMONG HANG。3日目は行かなかったので、僕の中のボロフェスタはこの日でおしまい。

 

最後にボロフェスタまとめ。雰囲気もメンツも場所もよくてすごくいいイベントだったと思います。あれで1日4000円は安いでしょ。会場が狭いのでフジロックのようにステージ間の移動がしんどくなくて、体力的に余裕を持って楽しめるのも小規模フェスならではのよさだと思いました。ただ、食い物はフジの方がおいしかった。屋台のレベルの向上が望まれます。

とにかく、とても楽しめたイベントでございました。行って正解でした。また来年も行きたいなー。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start