[FUJI ROCK FESTIVAL ’05 DAY 3] @苗場スキー場

あふりらんぽ / The Go! Team / bonobos / EGO-WRAPPIN’ / くるり / The Beach Boys / Royksopp / The Mars Volta / Soulive / Sigur Ros / PRIMAL SCREAM / Mylo / PETER HOOK / DJ TAKAYUKI SERINO ほか


いよいよ最終日、3日目のフジ。

この日は3日間で唯一午前中にテントを出て、ホワイトステージへ向かう。この日ホワイトステージの一発目はあふりらんぽ。2人とは思えぬ分厚い音。大きいステージでも貫禄たっぷりの堂々とした演奏でした。ライブ見るのは2回目だったけどやっぱこの2人はすごいよ。朝一から盛り上がった。ちなみに、僕はフジのステージの中でホワイトステージの音響が一番好きです、高音までよく聴こえる轟音で。

続いて同じくホワイトでThe Go! Team。んー、ちょっと期待してたんだけどなんかいまいちだった。ボーカルの黒人の女の人のノリがなんか苦手でした。途中ドラムの日本人女性が前まで出て来て日本語でMCをやってたんですが、そのときめちゃくちゃハアハア言ってたのが笑えた。

The Go! Teamを途中で抜け、フィールドオブヘブンでbonobos。やたらみんな誉めるので少し気になっていたバンド。音としてはPolaris/Fishmans系統のダブポップ+関西ノリな感じ。確かに気持ちよかったけど、想像通りすぎてあまり意外性のあるライブではなかった。やっぱこの系統ではPolarisが一番いいなあと改めて実感。

bonobosも途中で切り上げ、グリーンステージに移動しEGO-WRAPPIN’を見る。なんだかんだでちゃんと見るのは初めてなエゴラッピン。予想通りボーカルの人は上手いし、演奏もかっちりはまっててよいライブでした。エゴラッピンは一度見てみたかったので見れてよかった。

それからまたグリーンでくるり。前のフジではちゃんと見ること無く抜けてしまったくるりだけど、この日のくるりは素直によかった。「ばらの花」「青い空」「東京」と僕の知ってる曲もいっぱいやってたし。しかし東京はやっぱいい曲だよなあ。

続いてまたまたグリーンでThe Beach Boys。僕としては、今回のフジで一番のビッグネームなんじゃないの?といった感じだったんですが、意外にもステージ前のお客はまばら。やっぱ若い人らにとってはビーチボーイズはただの懐メロなのかなあと思ってライブを見たらやっぱ懐メロでした。でも綺麗なコーラスが野外によくはまっててよかった。晴れてたらもっとよかったのに(このときは曇り空だった)。

ビーチボーイズを途中で抜け、レッドマーキーへRoyksoppを見に。一昨年のフジでは見れなかったんだけど、後でテレビで見たらやたらバキバキでかっこいい音だったので今年こそは見ようと思ってたRoyksopp。いや、よかった!一番有名であろう「Eple」以外にもかっこいい曲がいっぱいあった。アルバム聴いてる人には周知の事実かもしれませんが。期待通り最高に踊れる音でした。つうかRoyksoppのときは観客の歓声がものすごくて、四方から歓声が聴こえて来てそれがRoyksoppの音と合わさってなんかとんでもないことになってた。やっぱり大歓声は上がる。

Royksopp途中から雨がかなり降って来て、ライブが終わった後もしばらくレッドマーキーの屋根の下で雨宿り。あまりに雨が強くて全く外に出る気にならず。もうこのまま降り続けるならマーズボルタ蹴ってここでCoral見てもいいかな、との考えも頭をよぎりましたが、雨足が弱まった来たので一念発起してホワイトステージへ移動、The Mars Voltaを見る。これが雨の中移動した甲斐のあるすばらしいライブでした。もう、完全にプログレ。一曲が長過ぎてどこが曲の切れ目かわからん。変拍子使いまくり。ドラムの手数がめちゃくちゃ多かった。なんか断片的な感想ですがとにかく衝撃的なライブでした。これでフジ出れるんだったらBattlesとかが出てもおかしくないなと思いました。実験的かつ圧倒的なパフォーマンスでした。

その後シガーロスまで時間があったので食事に行くも、食後も時間が余ったのでフィールドオブヘブンまで足を伸ばし、Souliveをちらっと見る。ジャズ系のジャムバンド。いかにもヘブン的な音。よかったのはよかったんだけど、最近ヘブンの音の系統が統一されすぎててちょっと意外性がないかなあ、と思ったりもしました。ステージの色が決まってくるのはいいことなのかもしれないけど。

んで、ホワイトに移動してSigur Ros。1曲目のときはステージに白い布がかかっていて、メンバーの姿は布越しに影でしか見えないような状態。これがシガーロスの幻想的な音と合っててすごいよかった。2曲目からは布が落ちて普通に演奏してましたが、それでも演奏のよさは変わらず。夜空の下で聴くには最高の音でした。スケールがでかくて飲み込まれるような演奏でした。ホワイトステージの大トリにふさわしいすばらしいライブだったんですが、僕がライブ途中であまりに我慢できなくなってトイレに行ってしまったのが惜しまれるところです。それがなければ完璧だったのに。

シガーロスの余韻に浸りつつグリーンへ移動、PRIMAL SCREAMを途中から。「SWASTIKA EYES」が最高にかっこよかった。後は普通。基本的にプライマルはそこまで好きなバンドではないので。

プライマル途中でレッドマーキーに移動、MyloPETER HOOK(DJ)→TAKAYUKI SERINO(DJ)と続けて見る。Myloはもっと変なエレクトロニカだと勝手に思ってたんだけど割と普通だった。PETER HOOKはNew Orderの人らしく、New Orderの曲をかけたりしてた。芹野さんはロックをかけるのかと思ったら普通に四つ打ちばっかかけてた。正直このへんの人らの音がどんなんだったのかあんまり覚えてない。ただフジの終わりを惜しみながら馬鹿踊りしてた気がする。

ラストのこだま和文が始まる前にテントに退散、2005年のフジも終了と相成りました。3日間のベストを一つ選べと言われると難しくて選べません、GANG OF FOUR、Dinosaur Jr.、The Mars Volta、Sigur Rosの4つが同じくらいよかったです。

 

最後にまとめ的文章を。今年でフジロックは5年連続の参加となったわけですが、今年痛感したのは、SMASHのブッキングと自分の嗜好のずれです。今年は見るものがなくて手持ち無沙汰な時間が多くて、その割に見たい物がかぶってたりして(中でもDinosaur Jr.とMercury Revのかぶりは痛かった)。今年は学生最後の年ってこともあって行っといたんだけど、来年からはメンツを見て慎重に参加を決めようかなあと思ったりもしました。ブッキングへの要望としては「邦楽インディー勢の充実」「四つ打ち以外のダンス系アクトの充実」この2点に尽きます。邦楽なら、フジよりライジングサンの方が見たいやつ多いもん。あと四つ打ちばっかはやっぱ飽きる。初めて参加したときのようなわくわく感がどんどん失われてきてるのが寂しいけどそれもまた現実なのです。

否定的な意見を書いては見たものの、やっぱりフジ独特の異様な高揚感とか非現実感は健在で、あれはほかのイベントではなかなか味わえないと思う。今年も十分楽しめました。ただ、昔程の驚きとかわくわくがなくなってきたかなあ、と思ったりしたわけです。

そんな感じのフジロック’05でした。おしまい。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start