[あふりらんぽ 2005 TOUR“ドドドドドドドド”] @TOKUZO

ガイユニット / Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno / あふりらんぽ


あふりらんぽレコ発ツアー名古屋編。あふりらんぽ人気のせいかAMTのせいなのか知りませんが、客はかなり多かったです。テーブル・椅子なしの状態でもかなりぎゅうぎゅうでした。

[ガイユニット]

「名古屋の天皇」ガイ率いる大所帯ユニット。名前は前から知ってたけど、ライブを見るのは今回が初めてでした。AMTの河端、東氏も参加してました。ほかはドラム、ベース、サックス、ポエトリーリーディングなどいろんな人がいて総勢10名以上いたように思います。音はとにかく混沌としてて、30分以上切れ間なく続く爆音インプロ。ステージには暗黒舞踏みたいな踊りをしてる人とか、ステージに上がるなりいきなり全裸になって飛び回ってた女の人とかいて、混沌具合に拍車をかけてました。あふりらんぽの2人もステージに立ってました。ノーメイクなのでこのときは気づきませんでしたが。

[Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno]

続いて登場したのがAcid Mothers Temple & The Cosmic Inferno。公式サイトを見るとメンバーは河端一(g)、東洋之(syn, g)、田畑満(b)、志村浩二(dr)、岡野太(dr)の5人となってましたが、この日は津山篤もギターで参加してました。というわけで、メンバーはほとんどAcid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.名義と変わらないですね。曲も「Pink Lady Lemonade」とかやってて、Melting Paraiso名義と重複する部分がありました。この人たちは同じようなメンバーの変名ユニットが多すぎてややこしい。音の方は先のガイユニットと比べるとだいぶわかりやすかったです。お得意の変態ヘビーサイケ。

[あふりらんぽ]

トリがメインのあふりらんぽ。ライブ開始前にオニとピカチュウの2人が素顔でセッティングをしてたのですが、割と普通な方でした。セッティングを終えてステージからいなくなってからライブ開始まで随分時間があったのですが、その間に着替えとメイクをしてたようで、再びステージに出てきたときの2人は赤い衣装に身を包み、ジャケ写等で見覚えのあるビジュアルになってました。前にAMTとの合体ユニットは見たことあったのですが、あふりらんぽ単体で見るのは初めて。どんなんかなーと思ってたんですが、予想以上にかっこよいライブでした。2人組なので音が薄くて物足りないのかなと思ったら全然そんなことはなく、迫力十分。演奏もうまいし。音の感じを一言で表すと、「パンク」です。ドカドカと原始的に暴れ回る感じ。そこに2人のかわいらしさが適度に加わってました。こりゃ話題になるわ、と一人で納得しました。フジでも見ようと思います。ライブは大盛り上がりのまま終了し、客席のアンコールの声も上がったのですが、時間が10時をすぎていたので(TOKUZOは10時以降はライブができない)、最後はあふりらんぽ+AMTのアカペラで終了。

この日は、毎年恒例12月のAcid Mothers Temple祭の告知もありました。日付は12/10。去年はAMTとあふりらんぽの合体ユニットのライブでしたが、今年はさらにRuinsも加わり3組のバンドの合体ユニットでやるらしいです。来年からは参加できなくなるので、今年はぜひ行こうと思います。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start