2004年ベストディスク

PANICSMILE / MINIATURES (P-VINE RECORDS)

PANICSMILE / MINIATURES

今年、アルバム通しで一番よく聴いたのはたぶんこれ。5thにして原点回帰というか、初々しい衝動に満ち溢れたアルバム。パニスマの現時点での最高傑作だと思う。今年のベストアルバムにZAZEN BOYSとか東京事変とかMO’SOME TONEBENDERあたりを挙げてる人でまだこれを聴いてない人がいたら、ぜひとも聴いてみてほしい一枚。


FLUID / SCIENCE FICTION OF NONE (FUGA RECORDS)

FLUID / SCIENCE FICTION OF NONE

FLUIDの1st。ポップさと変態さのさじ加減が絶妙で、何度も聴いてしまった。まだまだ発展途上なバンドだと思うんで、以降のリリースにも期待したいです。


BATTLES / EP C (monitor records)

BATTLES / EP C

この人らも一応新人なのか。話題沸騰のBATTLES。EP三部作の中ではこれを一番よく聴いた気がする。ポスト・ハードコアってこういうやつのことなのかー、と納得させられた一枚。


ALL OF THE WORLD / the dance we do (THANKS GIVING)

ALL OF THE WORLD / the dance we do

名古屋のALLsの1st。最初にライブ見たときから、この人らの音はCDで聴きたいなーと思ってたので、このアルバムのリリースは単純に嬉しかった。そして、いざ聴いてみたら想像以上の完成度で大満足でした。


ニーハオ! / RED (UMMO RECORDS)

ニーハオ! / RED

ニーハオ!はとにかくかわいいの一言に尽きます。そんな彼女たちのかわいさを前面に押し出した1stミニアルバム。今のところ、僕の中のアイドルバンドランキング1位です。今年はライブも見れてよかった。


DEERHOOF/ MILK MAN (Kill Rock Stars)

DEERHOOF / MILK MAN

最初聴いたときは、昔のアルバムの方がいいかなーと思ってたけど、何度も聴くうちにはまってきた。今までと比べて新しいことをやってる感じではないけど、単純に個々の楽曲の水準が上がってきてるように思いました。


Satanicpornocultshop / Anorexia Gas Balloon (SONORE)

Satanicpornocultshop / Anorexia Gas Balloon

フランスのレーベルからリリースされた、Satanicpornocultshopの世界デビュー盤。いかにも大阪なセンスがすばらしい。ジャケットのデザインも好き。


California Dolls / Dragon, Tiger and Escargot (COMMUNE DISC)

California Dolls / Dragon, Tiger and Escargot

吉田アミと和田ちひろの宅録デュオによる、アバンギャルドとキュートが交互に顔を出す不思議アルバム。一度聴くと癖になります。


subtle / A new white (LEX)

subtle / A new white

Anticon周辺の人たちが集まったユニットsubtleのアルバム。基本はヒップホップだけど、バックの演奏はポストロックな雰囲気もあったりして、ありそうでなかった感じの音を出してるところが魅力的でした。


V.A. / FLOWERS OF ERROR 2 (BELLWOOD RECORDS)

V.A. / FLOWERS OF ERROR 2

アルバム単位でよく聴いたとは言い難いものの、3曲目に収録されたNATSUMEN「Whole lotta summer」は間違いなく今年一番よく聴いた楽曲でした。続く4曲目のkiwiroll「永遠」もすばらしい。全曲ライブ録音なので音質はよくないですが、バンドの熱気はスタジオ録音以上に伝わってきました。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start