[第3回Acid Mothers Temple祭] @TOKUZO

Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. / あふりらんぽ


毎年恒例AMT祭りも今年で3回目。なんだかんだで毎年行ってます。AMTのライブが定期的に見れるのは、日本だと名古屋くらいですから。

この日は大阪の変態女性デュオ・あふりらんぽとの共演ってことで、最初はあふりらんぽ単体でやるのかなあと期待してたら、いきなり合体ユニットでやってました。この日のメンバーは、AMTは津山篤、東洋之、小泉一、河端一の4人。で、あふりらんぽのオニとピカチュウが加わって、総勢6人編成。そういえば、もうCottonさんは抜けてしまってたのですね。この日ライブ見るまですっかり忘れてました。

あふりらんぽとの合体ユニットということで、やる曲もいつもと雰囲気がちょっと違いました。なんだろ、いつもよりもポップというか、パンクというか、ドロドロしすぎていないでちょっと聴きやすくなった感じ。それはひとえにあふりらんぽ効果なのでしょう。いや、ポップって言っても、それは前と比較してのことであって、一般的に見たら全然違いますけど。ベースはドロドロとしたヘビーサイケなんですが、各国の民謡の要素を取り入れたり、中島みゆきを歌ってみたり、もうとにかく個性的な人たちです。

ライブはいつものようにオークションを挟んでの2部構成。アンコールは「Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye」のカバー。アンコール含め3時間、とにかく盛り上がっていたライブでした。

この日はお客の数が非常に多くて、ステージの様子は全然見えませんでした。どうも、前半部分はあふりらんぽの2人は上半身裸だったという噂も聞かれますが、全く持ってわかりませんでした。残念。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start