[HELLA JAPAN TOUR 2004] @TOKUZO

怖 / ASHLAD / にせんねんもんだい / HELLA


HELLA日本ツアー名古屋公演。人いっぱいかと思ったらそこまで混んでもなかった。まあそこそこの入り。椅子に座って見れました。それがTOKUZOのいいところ。この日の出演は総勢4組でした。ではライブレポート。

[怖]

まず最初は姫路のベース・ドラムの女性コンビ、怖。もうベテランです。地味なルックスに反して、ドカドカうるさいハードコアサウンド。前に大阪で見たときはインストを多くやっていたけど、この日はボーカル入りの曲中心にやってました。 2人組にしては音の密度は濃かったように感じました。でも、2人の動きが少なくて、ステージを見ててちょっと飽きました。もう少し動きのあるステージングがあったらもっとよかったかなあ、と。音はけっこう好き。

[ASHLAD]

どうも地元の人っぽかったです。ギターとボーカルの2人組で、 1人はギターを鳴らしながら足でドラムを叩いて、でもう1人はラップっぽいことをやってました。なんかいまいちでした。やっぱバスドラだけじゃリズムが寂しいと思いました。

[にせんねんもんだい]

近頃話題の女性3人組、にせんねんもんだい。なんかいつも気になる人と対バンしてたんで気になってたバンドです。たぶん名古屋のライブは初。いや、このバンドはかっこいいわ。話題になるのもわかります。予想外に切れのある演奏で、疾走感のあるギターロックをやってました。キュートでアバンギャルド。ドラムがすごかったです。あとギターの人かわいかった。またライブ見たいです。今年には出るというアルバムも楽しみ。

[HELLA]

そいでいよいよトリ、この日のメインHELLAです。アメリカはサクラメントのドラム・ギターの2人組。噂には聞いてましたが、このバンドのドラムほんとすげー。曲が始まる前にパカパカ叩く時点で既におかしい。え、どうやって叩いてんの、って感じの音数の多さでした。曲はもちろんドラム中心で、ギターの人はそこに色を添える感じ。ドラムばっか目立ってましたが、ギターの人も地味に変なフレーズを弾きまくってました。そんな2人の演奏は、確かにすごかった。でも、曲調があまりに似すぎてて、僕は最後の方は飽きてしまいました…。この日は前座3組が割と早めに終わって、メインのHELLAは1時間以上演奏してたんですが、終盤はだいぶボーッとしながら見てました。でも、あの演奏を1時間も続けられるってかなりすごい気がします。やはり外人は基礎体力が違う。途中で飽きたとか書いたけど、ダメなライブだったかと言えば全然そんなことはなく、貴重なもんを見せてもらった、って感じでした。見たことない人は次の来日時にぜひ体験してみるとよいです。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start