2003年ベストディスク

LIGHTNING BOLT / WONDERFUL RAINBOW (LOAD RECORDS)

LIGHTNING BOLT / WONDERFUL RAINBOW

今年は、一枚のCDだけ飛び抜けてよく聴くというようなことはなかったのだけども、それでも2003年一番よく聴いたCDを選べと言われたら、多分これ。変態ハードコアだけど、すごくわかりやすくてポップ。来年こそはぜひ来日してほしいバンド。


Limited Express (has gone?) / Feeds You! (TZADIK)

Limited Express (has gone?) / Feeds You!

京都の3人組の1st。躍動感溢れる演奏に乗っかる超高音女声ボーカルが耳について離れませんでした。この作品はライブがよかったので物販で買ったのだけど、 CDだとたまに音の薄さを感じたりもしました。でもよく聴いた。


DEERHOOF / APPLE O’ (Kill Rock Stars)

DEERHOOF / APPLE O'

日本人ボーカリスト、サトミ・マツザキを擁するサンフランシスコのバンドのアルバム。子供のようなかわいらしいサトミのボーカルと、すっとぼけていて、それでいて騒々しい演奏の組み合わせがかなりツボでした。これも、ライブがよかったので物販で買った一枚。


Mew / Frengers (EPIC)

Mew / Frengers

デンマークの4人組の1st。何人かの人に「Mewが好きなんて意外」と言われたけど、僕は普通に好きですよ、このアルバム。ボーカルの声が気持ちよすぎ。キラキラとしたハイファイな音作りはいまいち好きになれませんでしたが、 1曲目の「Am I Wry? No」はやはり名曲。


NUMBERS / EE-UH! (Troubleman Unlimited)

NUMBERS / EE-UH!

スタジオ音源3曲+ライブ音源3曲のシングル。ビコビコと暴れ回るアナログシンセがかっこよすぎなニューウェーブディスコパンク。スカスカでペラペラですが、鋭い音。今年一番はまった洋楽のバンドです。このシングルと同時期に出たリミックス盤「Death」もすごくいい出来でした。


electric company / it’s hard to be a baby (tigerbeat6)

electric company / it's hard to be a baby

MEDICINEのギタリストのソロ。まず、ジャケが好き。バンド出身者だからなのか、どこかしらロックっぽい香りが残るエレクトロニカ。 1曲1曲のインパクトは薄い気もするけど、メロディアスで聴きやすく、気持ちいい音です。 10月の来日公演キャンセルにはへこんだ。


CICADA / SIMPLE CHAOS STEREO (MUSIC MINE)

CICADA / SIMPLE CHAOS STEREO

日本の人。3人組のバンドらしい。フロア向けな上げ上げダンスミュージックの詰まったアルバム。過剰でポップで面白かった。いそうでいないタイプの人たちだと思いました。なんか、この人らはライブもかなりバカで面白いらしいんで、そのうち見てみたい。


Kid606 / kill sound before sound kills you (ROMZ/ipecac recordings)

Kid606 / kill sound before sound kills you

「ps I love you」以来のkid606久々のオリジナルフルアルバム。ガツガツ踊れる曲からソフトな電子音響まで無節操に幅広く収録された、彼らしさが満点の内容。なんだかんだでこの人のセンスは大好きなのです。


gaji / 9pm at gfm (INOXIA Records)

gaji / 9pm at gfm

三軒茶屋のライブハウス「grapefruit moon」で録音された仮想ライブアルバム。ひりひりと焼け付くような感じの張り詰めた音の世界。独特な世界観を持ってるバンドですね。なんとも一言で言い表しづらい。ハードコア?エモ?ポストロック?とにかく、好きです。


HALCALI / エレクトリック先生 (FLME)

HALCALI / エレクトリック先生

今年の僕の中の新人賞。ほんとはアルバムを選んだ方がいいのだろうけど、アルバムはCCCDだったので買ってないので、一番よく聴いたこのシングルを選びました。ハルカリの曲の中で、これが一番好き。トラックもラップもかっこよくてかわいくて最高。


去年は全然新譜を買ってなかったので、今年は積極的に買ってみました。 2003年リリースで、自分の買ったCDの中から10枚選出。ほかには、knifehandchop 、Explosions In The Sky、BLACK EYES、 SHIRO THE GOODMAN、Spangle call Lilli line、Lemon Jellyのアルバムとか、メルツバウのリミックス盤、weezerトリビュート(NATSUMEN最高)、「ビザールデッド」(93PANICSMILE最高)あたりがよかったです。しかし、僕の音楽的ツボは何年も前から変わってないんだなあ、と実感しました。「うるさい」「かわいい」「変」「バカ」のどれかがあてはまるやつばっか聴いてました。来年は、最近のアメリカのインディーものをもっと聴いていきたいです。あと、聴き逃してきた名盤も押さえておきたい。以上。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start