ROVO @TOKUZO

ROVO


昨年10月に続く、TOKUZOでのROVO単独公演!前のライブは、会場に客が入りきらないくらいの満員っぷりだったらしく、今回は250名限定のチケットとなりました。前売は完売、当日券はなし。 ROVOのライブを見るのはおととしのフジロック以来だったんで、かなり期待して見に行ってきました。

TOKUZOは、普段フロアに椅子とテーブルが並べられているんですが、この日は何も置いてなくて、とにかく、人、人、人。満員でした。こんな混んでるTOKUZOは初めて見ました。満員の客が待つ中、おもむろにメンバーがステージに上がり、いよいよライブ開始。

ステージには、前列の右側から中西宏司(Syn,Key)、勝井祐二(Violin)、山本精一(G)、益子樹(Syn,Key,Efx)、それから真ん中あたりの一歩引いた位置に原田仁(B,Harmonica)、で後列は右から芳垣安洋(Drs,Perc)、岡部洋一(Drs,Perc)という並びで7人のメンバーがおりました。名前並べるだけですごいメンバーです。

で、約2年ぶりに見るROVOのライブですが、月並みな言い方だけどやっぱすごかった。とにかくツインドラムの叩き出すリズムが強烈。ライブ開始直後からやられました。で、勝井祐二のバイオリン。気持ちよすぎです。さらにDub Squadの二人の出す電子音、それからギター、ベースの音が組み合わさって生み出されるのは、高度な演奏テクニックに裏打ちされた最強のインストダンスミュージック。次に出てくる音はどんなだろう、っていうどきどき感に常に胸躍らせながら聴いてました。TOKUZOなんて大して広いとこじゃないんですけど、 ROVOの音聴いてたらものすごく広いところにいるみたいに感じました。感覚が拡張されるような感じ。なんといいますか、トリップです。トランスです。合法ドラッグです、これは。緩急を上手いことつけた曲構成で、飽きることなくライブを見ることができました。

曲は、新しいアルバム「FLAGE」からのものが中心でした。アンコールも一曲ありまして、「SAI」に入ってる曲のようでした。ステージに貼ってあったセットリストを見た人によると、一番最後に定番曲「KMN!」をやる予定であったらしいのですが、勝井祐二が「限界が来たメンバーがいるんでこれで終わりです」と言って、結局やりませんでした。

というわけで約2時間のROVOのライブ、期待通りとても楽しめました。ただ、やはり客は多くて少し窮屈でした。ライブ中、曲が盛り上がってきたときだけ前の方に割りこんで行って騒いで、曲が終ると後ろに戻る、みたいな人がいたりしてちょっとうっとうしかったです。まあでも全体としては、すごく盛り上がってるお客さんが多かったです。熱いライブでした。

ROVOは今年のフジロックの出演も決まっております。ライブハウスで間近で見るのもいいけど、野外の広いところで聴くROVOもまたよろしいです。ということで今から7月が待ち遠しいです。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start