[ARch in ISEA2002] @DIAMOND HALL

LIVE: Akira tanaka and ALL OF THE WORLD / Popgun / dublee / Vokoi Kazunovski / Yoshihiro Hanno / Clickety and Clack / AOKI takamasa / POLE / Richard Devine / kid606 / portable[k]ommunity / Lichtsport / Discom / KARAFUTO / ogisopan

VISUAL: Lichtsport / Naohiro Ukawa / CHROMA / portable[k]ommunity / 710.beppo


名古屋のエレクトロニカレーベルARch(アーキ)主催の一大フェスティバル。かなり楽しみにしてました。名古屋でこんなイベントが見れるなんて感動です。

9時スタートのオールナイトイベントでありまして、僕ははりきって9時過ぎに行きました。行ったら受付の人に「再入場禁止ですがいいですか?」と聞かれ軽くあせりましたが、まあ去年のelectraglideもそうだったしいいかと思いそのまま入場。長いイベントだったんで全部は見れなかったんですけど、見たやつだけレポートしていきます。

[Tanaka Akira+ALL OF THE WORLD]

名古屋の良心的レーベルTHANKSGIVING所属の二組による合体ユニット。思えばちゃんとしたバンド編成で演奏してたのはこの日ALLsだけだった気がします。客はまばらでしたが、かなりよかったです。とにかくメロディーがめっちゃきれい。

[POPGUN]

続いてARch所属の一人ユニットPOPGUNが登場。ほとんどタイムテーブルどおりに出てきました。このイベント、基本的にパソコンで演奏する人ばっかだったので、転換はかなりスムーズでした。で、POPGUNの演奏は、ノイズ的要素をふんだんに盛り込んだエレクトロニカ。前見たときより聴きやすく、踊りやすい感じの音でした。

[dublee]

これもARch所属の人。たぶん僕と同い年くらいだったような。名前にダブって入ってるだけあって、床を揺らす低音が気持ちよい。これもけっこうよかったんですが、お客の反応はあまりなかった気がします。

[半野喜弘]

名前は知ってたんですが、音を聴くのはこの日が初めてでした。音数が少なく、ミニマルな感じだったんですが、音の構成がしっかりしていて聴いてて全く退屈しなかったです。実力派って感じでした。

[POLE]

POLE、恰幅のいいおっちゃんでした。ゆらー、ゆらー、って感じの緩い流れの音。なんというか、ダブです、ダブ。時折入るピアニカの音色も心地よい。CDよりライブの方がよかったです。

[Richard Devine]

本日の個人的メインアクトその一。リチャードさん、アジア的な顔をした坊主頭の方でございました。エイフェックスツインにも通じる痙攣系のリズムが非常にダンサンブルでした。メロディー感はほとんどなく、リズムの上に電子ノイズがのっかってる感じの音でした。かっこよかったし、踊れたんですけど、ちょっと展開がワンパターンで後半飽きました。

[kid606]

個人的メインアクトその二。8月の来日が中止になってただけに期待は大きかったです。出てきていきなりマイブラの「touched」をかけはじめて、そのあとはもう好き放題。 BPMも曲の展開も速い速い。もうちょっとおとなしいライブをやるのかと思っていたらえらいこっちゃでした。 kid606とその前のリチャード・ディヴァインが一番客が盛り上がっていたように思います。このはちゃめちゃなセンスはやはり天然ならでは、というか、狙ってできるもんじゃないなー、と思いました。僕の中ではこの日のベストアクトでした。

[Discom]

フランスの二人組。フランス人ってことしか予備知識がなくて、まあフランスだからおしゃれな感じのクールなエレクトロニカだろうなーと勝手に想像してたら、ひたすらノイズの嵐。リズムもたまにあったりもしたけど、踊れる感じのものではなかったです。ちょっとメルツバウみたいでした。いい意味で期待を裏切られました。よかった。

Discom終了時、もう朝の4時近く。さすがに疲れたので、ここで会場を後にし、藤一番でラーメン食って帰りました。いや、もうお腹一杯なイベントでした。満足です。音だけじゃなく、VJも面白かった。ARchさん、これからも頑張ってください。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start