[mono tour “ONE STEP MORE AND YOU DIE” -slow presents GLASSES! #4-] @Club Daughter

ALL OF THE WORLD / 流星 / slow / CONDOR44 / mono


monoのツアーをslowがサポートした形のイベント。全部見たいバンドだったのでかなり楽しみにしてました。以下、各出演者ごとのレポート。

[ALL OF THE WORLD]

名古屋のバンド。遅れて行ったので全部見れなかったんですが、生バンドと電子音の混ざった感じのインストバンドで、緩い雰囲気の音で気持ちよかったです。かなり好きな感じでした。今まで何度も見る機会がありながら、ことごとく見逃しているバンドなので、次こそはフルで見ようと思いました。

[流星]

これも名古屋のバンド。ハワイに憧れる女子が集うハワイアンバンド。ちゃんと数えてないけど、メンバーは8人くらいいました。一人おばちゃんがいましたが(流血さん)、あとはみんな若い。そしてけっこうかわいい。噂は前々から聞いていましたが、いいです。曲はなんとなくハワイっぽい感じ。演奏はあまり上手くない。でもなごみました。ぜひともまたライブを見たいバンドです。

[slow]

四日市の4人組。ライブを見るのは約一年ぶりです。静かに始まって徐々に轟音ギターの洪水へ、という感じの曲に加え、最近導入したというキーボードを使ったアンビエントな感じの曲もやってました。前見たときより全然よくなってました。いいバンドです、slow。

[CONDOR44]

東京からのゲストです。男女ツインボーカルの3人組。ソニックユース直系のギターロック。いや、かっこよいです。メロディーセンスとか、ボーカルの人の声(特に女の人)とかが好きです。 MCは、なんとなく下北沢のバンドっぽいなあ、と思いました。少しアイドルっぽかったです。機材のトラブルで、ギターの調子が悪かったようです。たまに音消えてました。

[mono]

メインのmono。ベースが女の人だとこの日初めて知りました。もっと、全員下向いて演奏するようなネガティブな人たちかと思ってたら、ちょっとちがいました。ベースのひとはやけにセクシーな服を着ていて、なんだろう、と思ったのですが、あとで「キム・ゴードンを意識している」ってことに気づきました。なるほど。で、音の方は、ひたすら、轟音、轟音。音でかかったです。曲の感じはまんまモグワイって言ってしまえばそうなんですが、モグワイよりも轟音に特化したバンドだと思いました。この日のバンドの中で一番演奏が上手い感じがしました。

という感じの5バンドでした。地元のバンドもゲストに全然見劣りしてなくて、よかったです。非常に楽しいイベントでございました。

Related posts

コメント 停止中

sidebar_start